山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ユニコーンS2019【予想・全馬解説】

第24回ユニコーンS・G3
2019年6月16日 東京11R
ダート1600m

 

予想順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 14 ノーヴァレンダ 22.1%
2位 8 デュープロセス 22.1%
3位 6 デアフルーグ 16.7%
4位 3 ヴァイトブリック 9.6%
5位 11 ダンツキャッスル 7.2%
6位 13 ニューモニュメント 5.5%
7位 4 エルモンストロ 4.2%
8位 15 アシャカトブ 3.1%
9位 1 ワイドファラオ 3.1%
10位 10 ヴァニラアイス 2.7%
11位 2 イメル 1.8%
12位 7 ザディファレンス 1.0%
13位 12 オンザウェイ 0.8%
取消 5 サトノギャロス -
取消 9 ロードグラディオ -

 

予想コメント

  1. ワイドファラオ 牡3 血統的にはダートでもやれそうだし、芝スタートも良いので好位のインで運ぶ形になりそうだが、初ダートで揉まれて嫌気が差す可能性もある。もし楽に逃げられれば1枠がプラスになる。
  2. イメル 牡3 前走はハイペースを逃げ切る強い内容だったが、1600mよりは1200m向きだろう。
  3. ヴァイトブリック 牡3 砂を被っても問題ないので崩れにくい。ヒヤシンスSはスローペースで切れ負けしたような形だったので、ハイペースになった方が良さそう。
  4. エルモンストロ 牡3 掛かるタイプなので1600mへの距離短縮は悪くないが、高速馬場の適性が未知。
  5. サトノギャロス 牡3 取消し
  6. デアフルーグ 牡3 能力上位で崩れにくくまだベスト条件が分からないが、高速馬場で切れ勝負になると良くないかもしれない。
  7. ザディファレンス 牡3 まだ底を見せていないが、血統的に1600mへの距離延長はマイナスだろう。
  8. デュープロセス 牡3 前走の青竜Sは1400mからの距離延長でもパフォーマンスを上げ自在性の高さを見せた。高速馬場の1400mでも好走経験があるのでスピード勝負も合うだろう。
  9. ロードグラディオ 牡3 取消し
  10. ヴァニラアイス 牝3 まだ底を見せていないが、血統的に1600mへの距離延長はマイナス。
  11. ダンツキャッスル 牡3 逃げるとかなり強いが、逃げられる保証がないし、高速馬場の1600mは合わないかもしれない。
  12. オンザウェイ 牡3 まだ底を見せていないが、前走から相当の上積みがないと厳しい。
  13. ニューモニュメント 牡3 左回りの1600mはベストの可能性が高いが、近3走が力負けなので他馬の凡走待ち。
  14. ノーヴァレンダ 牡3 前走の伏竜Sは休み明けと砂を被ったことが敗因なので、叩いて良化しての外枠なら巻き返せる。軽い馬場の1600mも良さそう。
  15. アシャカトブ 牡3 前走が力負けの形なので、相当な上積みがないと厳しい。

 

参考レースの回顧はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com