山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

NHKマイルカップ2019【予想・全馬解説】

第24回NHKマイルカップ・G1
2019年5月5日 東京11R
芝1600m

 

評価順位・推定勝率 

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 17 アドマイヤマーズ 36.6%
2位 7 グランアレグリア 9.1%
3位 6 グルーヴィット 6.9%
4位 15 ヴィッテルスバッハ 6.9%
5位 3 ダノンチェイサー 6.9%
6位 8 ヴァルディゼール 6.0%
7位 1 クリノガウディー 5.2%
8位 13 ファンタジスト 3.9%
9位 10 カテドラル 3.9%
10位 5 マイネルフラップ 2.3%
11位 12 ワイドファラオ 2.3%
12位 18 ケイデンスコール 2.3%
13位 2 プールヴィル 1.7%
14位 16 トオヤリトセイト 1.7%
15位 4 イベリス 1.7%
16位 11 ロードグラディオ 1.3%
17位 14 ハッピーアワー 1.1%
18位 9 ミッキーブラック 0.2%

 

予想コメント

  1. クリノガウディー 牡3 前走は2000mの外枠で厳しかった。短縮の1600mの内枠という条件は朝日杯と同じ最高の状況。
  2. プールヴィル 牝3 前走はスローペースで逃げて力負け。今回は初めての長距離輸送でもあるし、あまり上積みは見込みづらい。
  3. ダノンチェイサー 牡3 前走は距離延長でパフォーマンスを上げたが短縮の方が合うだろう。壁を作りやすい内枠も良い。
  4. イベリス 牝3 前走はそれほど展開に恵まれたわけでもないので、今回も逃げられれば上積みは見込める。枠やメンバー的には逃げやすそう。
  5. マイネルフラップ 牡3 タフ馬場向きなので雨が降ったのは良かった。叩いた良化と1600mへの短縮で上積みが見込める。
  6. グルーヴィット 牡3 キャリアが浅く上積みが見込めるし、血統的には距離が延びた方が良さそう。
  7. グランアレグリア 牝3 前走は高速馬場のスローペースを揉まれない楽な展開で強かったが、今回あそこまで楽な状況は望めない。高速決着でのパフォーマンスが特に高いので雨が降ったのも良いことはなさそう。
  8. ヴァルディゼール 牡3 前走は休み明けでやや掛かり直線も捌けず力負けではない。キャリアが浅く幼いが、底を見せていないので大幅な上積みが見込める。
  9. ミッキーブラック 牡3 現状では底を見せているので上積みが見込みづらい。
  10. カテドラル 牡3 初戦と2戦目のパフォーマンスは高く、前走も脚を余した感じで内容は悪くないが、関東の2戦の内容が悪いのが気掛かり。
  11. ロードグラディオ 牡3 前走が力負けの形なので上積みは見込みづらい。
  12. ワイドファラオ 牡3 内枠から超スローペースの逃げ切りで前走内容は評価出来ないが、底を見せていないのでそれなりの上積みは見込める。
  13. ファンタジスト 牡3 2000mは長かったので1600mになるのは良い。器用さを活かしたいの内枠の方が良かった。
  14. ハッピーアワー 牡3 2走前1600mの内容が良くないうえ、短縮で大幅にパフォーマンスを上げる傾向があるので1600mへの延長はマイナスだろう。
  15. ヴィッテルスバッハ 牡3 ここ2走がスローペースを差してくる強い内容で今回はもっと状況は向くはず。高速決着だと物理的に届かなくなる可能性があったので雨が降ったのも好材料。
  16. トオヤリトセイト 牡3 中間の調教が軽く、大幅な上積みは見込みづらい。
  17. アドマイヤマーズ 牡3 前走はかなり掛かっていたし、自分から動けない形で内枠が仇になった。短縮で折り合い外枠でスムースな競馬が出来れば生涯ベストのパフォーマンスを見込める。
  18. ケイデンスコール 牡3 久々を叩いた上積みは見込める。

 

ステップレースの回顧はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 
www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com