山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

函館スプリントS2019【予想・全馬解説】

第26回函館スプリントS・G3
2019年6月16日 函館11R
芝1200m

 

予想順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 13 タワーオブロンドン 38.5%
2位 10 カイザーメランジェ 16.7%
3位 7 ダイメイフジ 12.6%
4位 2 ペイシャフェリシタ 12.6%
5位 11 アスターペガサス 9.6%
6位 1 サフランハート 8.3%
7位 9 ユキノアイオロス 1.6%
取消 3 シュウジ -
取消 4 ライトオンキュー -
取消 5 リナーテ -
取消 6 ダノンスマッシュ -
取消 8 トウショウピスト -
取消 12 タマモブリリアン -

 

予想コメント

  1. サフランハート 牡6 前走は苦手の高速馬場のうえ休み明けでかなり掛かった。内にモタレるので1番枠は最高だし、重馬場の1200mもベスト条件。
  2. ペイシャフェリシタ 牝6 ベストは中山かもしれないが、重馬場や内枠得意。
  3. シュウジ 牡6 取消し
  4. ライトオンキュー 牡4 取消し
  5. リナーテ 牝5 取消し
  6. ダノンスマッシュ 牡4 取消し
  7. ダイメイフジ 牡5 前走は高速馬場1400mの外枠から先行して悪くない内容。理想は急坂コースだが、重馬場の1200mは悪くない条件。
  8. トウショウピスト 牡7 取消し
  9. ユキノアイオロス セ11 昨年の函館スプリントS7着が近1年でのベストパフォーマンスだが、そのときより衰えている可能性が高い。
  10. カイザーメランジェ 牡4 前走高速馬場の1000mで負けたことは問題なく、時計が掛かる1200mは合う。
  11. アスターペガサス 牡3 折り合えば能力は通用しそうだが、壁を作って折り合わせたいので少頭数外枠はマイナス。
  12. タマモブリリアン 牝6 取消し
  13. タワーオブロンドン 牡4 1400mがベストの可能性があるし、高速馬場で多頭数外枠だと不安もあったが、少頭数で重馬場という条件なら1200mも悪くはないだろう。

 

参考レースの回顧はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

www.yamaguchi-yoshino.com