山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

オールカマー2019【レース回顧・勝因敗因】

第65回産経賞オールカマー・G2
2019年9月22日 中山11R
芝2200m 良

 

 ★予想評価1位のミッキースワローが3番人気で2着となりました。

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):8(超高速馬場)

位置取り:前有利、後方不利

コース取り:内有利、外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 スティッフェリオ 牡5 8点 外からスローペースのハナで押し切る。展開が楽だったし、早目にペースアップして内有利の状況を構築したのが良かった。タフ馬場や小回りが合う。
  • 2着 ミッキースワロー 牡5 4点 スローペースの後方外でロスあったが鋭く伸びた。もしグレイルの位置を取っていれば勝てたかもしれないが、詰まるリスクもあるし仕方ない。前に行けないのでもっと時計や上がりが掛かる状況の方がいい。
  • 3着 グレイル 牡4 6点 スローペースの後ろ目インでロスなく運んで伸びた。スタートが決まってこの馬としては前につけられたし上手く捌けたのが良かった。距離延長や坂が合う。
  • 4着 レイデオロ 牡5 5点 スローペースの後ろ目外でロスあったが伸びた。去年より衰えている。
  • 5着 クレッシェンドラヴ 牡5 4点 スローペースの中団馬群で動けず、4角でトニーファイブが下がってきたあとにウインブライトも下がってきて、直線2点分追い出しが遅れたが外に出して伸びた。運が悪かっただけで悲観する内容ではないし、時計や上がりが掛かる状況になればさらに良い。
  • 6着 ゴーフォザサミット 牡4 6点 押してかなり掛かってスローペースの好位インでロスなく運んでなだれ込み。東京の2400m~2500mがベストか。
  • 7着 ショウナンバッハ 牡8 5点 スローペースの後方馬群から外で伸びきれず。展開の助けが必要だし、左回りの方が得意。
  • 8着 エンジニア 牡6 7点 スローペースの中団インでロスなく運んであまり伸びず。
  • 9着 ウインブライト 牡5 5点 スローペースの好位で伸びず、最後追わず2点分減点。久々で完調ではなかったし、18~20がベストで22よりは16の方がいいだろう。
  • 10着 トニーファイブ セ4 7点 やや掛かって2番手から徐々に後退。他馬の邪魔になり、この馬の内にいる馬が有利になり、外にいる馬が不利になる状況を発生させた。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com