山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

オールカマー2019【予想・見解】出走全馬の推定勝率を公開!

第65回産経賞オールカマー・G2
2019年9月22日 中山11R
芝2200m

 

想定馬場・想定トラックバイアス

馬場状態:良~稍重

馬場レベル(1~9):7~8(高速馬場~超高速馬場)

コース取り:やや内有利

 

予想評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 1 ミッキースワロー 25.4%
2位 8 レイデオロ 19.2%
3位 2 ゴーフォザサミット 11.0%
4位 3 クレッシェンドラヴ 11.0%
5位 7 ウインブライト 11.0%
6位 9 スティッフェリオ 9.6%
7位 4 グレイル 6.3%
8位 10 ショウナンバッハ 4.2%
9位 6 エンジニア 2.4%
10位 5 トニーファイブ 0.0%

 

予想・全馬解説

  1. ミッキースワロー 牡5 時計や上がりが掛かる状況が合うので前走ほどの好条件は見込めないが、距離延長や坂は合うので前走と同程度のパフォーマンスを見込める。雨が沢山降った方がいい。
  2. ゴーフォザサミット 牡4 叩いた良化が見込めるし、高速馬場や距離延長も合う。
  3. クレッシェンドラヴ 牡5 中山は合うが時計や上がりが掛かった方がいいので、雨が沢山降ったり、自分から動いて行けるような状況になってほしい。
  4. グレイル 牡4 叩いた良化が見込めるし距離延長も合うが、近4走全て出遅れて前に行けていないので時計や上がりが掛からないと厳しい。
  5. トニーファイブ セ4 ここでは能力的に厳しい。
  6. エンジニア 牡6 1800mがベストの可能性が高いし、大幅な上積みは見込めない。
  7. ウインブライト 牡5 中山は合うが切れがないので持続勝負になってほしい。2200mよりは1800m~2000mの方がいいだろう。
  8. レイデオロ 牡5 前走は本調子になかったし淀みない持続勝負も合わず。高速馬場で前半が緩く流れそうな今回の方が状況は合うだろう。
  9. スティッフェリオ 牡5 逃げて極端なスローにしなければ高いパフォーマンスを見込めるが、高速馬場向きではないので雨が沢山降ってほしい。
  10. ショウナンバッハ 牡8 近走安定感は増しているが、大幅なパフォーマンスの上昇は見込みづらい。

 

逃げ馬候補

  • 9.スティッフェリオ

 

前走展開が不利だった馬

  • 4.グレイル

 

参考レースの回顧・勝因敗因

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com