山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

セントライト記念2019【レース回顧・勝因敗因】

第73回朝日杯セントライト記念・G2
2019年9月16日 中山11R
芝2200m 重

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):6(やや高速馬場)

位置取り:やや前不利

コース取り:内有利、外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 リオンリオン 牡3 7点 ハイペースの先行インでロスなく運んで伸びた。淀みないペースで坂のあるコースの持続勝負はベストで、高速馬場よりは雨も合うので得意条件が全て揃った。高速馬場やスローペースになりそうな展開なら逃げて上がりが掛かる状況を構築した方がいい。
  • 2着 サトノルークス 牡3 8点 中団インでロスなく運び、4角で馬群へ入れて内目を伸びた。重馬場や坂が得意だし、内枠を活かせた。高速馬場や切れ勝負になると厳しいだろう。
  • 3着 ザダル 牡3 8点 好位インでロスなく運んで伸びた。内枠を活かせたし、器用さがある。
  • 4着 ルヴォルグ 牡3 6点 中団外でロスがあったが伸びた。枠が敗因で、サトノルークスと枠が逆なら着順も逆になっていただろう。
  • 5着 ニシノデイジー 牡3 5点 後方馬群で折り合い、4角大外でかなりロスがあったがよく伸びた。折り合いに進境を見せたがスローペースになると不安はあり、内枠やハイペース向きだろう。
  • 6着 タガノディアマンテ 牡3 5点 後ろ目大外でかなりロスあったがそれなりに伸びた。馬任せで運んだ方がいいタイプであまり小細工が出来ないので、多頭数外枠だとロスのある形になりやすい。
  • 7着 サトノラディウス 牡3 7点 後ろ目インでロスなく運び、直線馬群を突いてややスムースさを欠いて伸びきれず。重馬場苦手で多頭数の中山も合わないので、広いコースや距離延長ならもっとやれるだろう。
  • 8着 エターナルヴィテス 牡3 6点 やや掛かって後ろ目馬群から直線外に出してそれなりに伸びた。この枠としては最善を尽くした乗り方だった。
  • 9着 ナイママ 牡3 5点 外からハイペースの2番手でなだれ込み。重馬場は良かったが平坦の方が得意か。
  • 10着 アトミックフォース 牡3 6点 外からハイペースのハナで粘れず。外枠のロスを嫌って内に入るために逃げたのだろうし、それは仕方ない。本来は内枠で壁を作って運ぶ形が理想だろう。
  • 11着 メイショウテンゲン 牡3 4点 2馬身出遅れ、後方外でロスがあり伸びず。スタートに課題を残したし、時計や上がりが相当掛からないと厳しい。
  • 12着 ミューチャリー 牡3 7点 後方インから外へ出してあまり伸びず。芝もそれなりにはこなせたがダートの方がいい。
  • 13着 シークレットラン 牡3 3点 後ろ目馬群で直線4点分スムースさを欠いた。不完全燃焼で力負けではない。
  • 14着 オセアグレイト 牡3 5点 押してやや掛かって好位外でロスあり伸びず。前半脚を使ったのが響いた感じで、少頭数や距離延長の方が合う。
  • 15着 ランフォザローゼス 牡3 4点 壁が作れずやや掛かってハイペースの先行外で伸びず。外枠で乗りにくかったし、広いコースの方がいい。
  • 16着 エングレーバー 牡3 3点 かなり掛かってハイペースの先行馬群で、直線狭くなる不利1点分あり失速。重馬場苦手だろうし、前走逃げたことで折り合いが難しくなっている。
  • 17着 モズベッロ 牡3 0点 1馬身出遅れ、後方大外でかなりロスがあり、直線ほとんど追わず4点分減点。
  • 18着 マテリアルワールド 牡3 7点 1馬身出遅れ、押したが前に行けず、後方インでロスなく運んで伸びず。本気を出さずノーダメージなので、叩いて良化すれば巻き返すだろう。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com