山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2019年の回収率は114.6%です。収支は1,102,040円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ニューイヤーS2020【結果・回顧・勝因敗因分析】ジャンダルム

スポンサーリンク

ニューイヤーステークス(L)

2020年1月18日 中山11R
芝1600m 稍重

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):1(超タフ馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:やや内荒れ、多少外不利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ジャンダルム 牡5 57 
    7点 藤井勘一 3番人気 
    好位内目から伸びた。中山1600mはベストだろう。

  • 2着 シャイニービーム 牡8 56 
    5点 M.デム 9番人気 
    後ろ目外目で動けず、直線2点分仕掛けが遅れたが開いてからよく伸びた。スムースに捌ければ勝っていただろうし、時計や上がりが掛かる1600m~1800mが合う。

  • 3着 アルーシャ 牝5 55 
    6点 マーフィ 2番人気 
    中団外でロスがあったが伸びた。壁がなくても折り合えたのは収穫。内枠のハイペースがベスト。

  • 4着 ウインファビラス 牝7 54 
    7点 松岡正海 13番人気 
    押して2番手でそれなりに踏ん張る。高速馬場や東京より、タフ馬場や中山が合う。

  • 5着 ショウナンライズ 牡7 57 
    6点 内田博幸 14番人気 
    スタート後躓いたが押して3番手につけてそれなりに踏ん張る。揉まれない形が合う。

  • 6着 ハーレムライン 牝5 55 
    6点 木幡巧也 10番人気 
    内からあまり押さずにハナでそれなりに踏ん張る。内荒れ1点分減点。揉まれない形が良かったし、タフ馬場も合うか。

  • 7着 グルーヴィット 牡4 56 
    5点 ミナリク 1番人気 
    前半壁が作れず好位外目でかなり掛かって伸びず。器用さがないので中山も合わない。

  • 8着 ブラックムーン 牡8 60 
    6点 吉田豊 15番人気 
    後ろ目インから伸びきれず。長期休養明けで斤量60キロとすれば上々の内容で、タフ馬場がかなり得意で坂も合う。

  • 9着 ムーンクエイク セ7 59 
    4点 北村宏司 11番人気 
    中団馬群で相当掛かって伸びきれず。ブリンカーの効果がかなりあるので、距離短縮で1200m~1400mならもっとやれる。

  • 10着 プラチナムバレット 牡6 56 
    6点 岡田祥嗣 12番人気 
    後方外でロスあり伸びきれず。広いコースの1800m~2000mの方が合うはずなので復調している。

  • 11着 キョウヘイ 牡6 56 
    5点 高倉稜 4番人気 
    スタート後躓き、後方外でロスがあり伸びきれず。道悪は得意だが、器用さがないのでワンターンのハイペースがベスト。

  • 12着 プロディガルサン 牡7 56 
    7点 石川裕紀 5番人気 
    押して中団内目で伸びず。道悪もそれなりにこなせるが、馬場がタフ過ぎた。

  • 13着 キャプテンペリー セ7 56 
    2点 大野拓弥 8番人気 
    後方馬群で直線全く追えず5点分スムースさを欠いた。中山や道悪は得意だし、捌けていれば上位に来た可能性が高い。

  • 14着 ボールライトニング 牡7 56 
    7点 武藤雅 16番人気 
    後方から4角で殿に下がり、直線外に出して伸びず。器用さがないので中山合わないし、道悪も苦手。

  • 15着 キャナルストリート 牝6 54 
    5点 石橋脩 7番人気 
    相当掛かって好位馬群で失速。掛かる面が出てきているので1600mよりは1200mの方が良さそうだし、左回り向き。

  • 16着 ミュゼエイリアン セ8 57 
    5点 野中悠太 6番人気 
    押して好位インで直線も内で失速。内荒れ2点分減点。久々が響いたか。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com