山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ブラジルカップ2019【レース回顧・勝因敗因】サトノティターン

ブラジルカップ(L)
2019年10月20日 東京11R
ダート2100m 重

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):7(高速馬場)

位置取り:前不利、後方有利

コース取り:やや内有利、やや外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 サトノティターン 牡6 7点 スタート後行き脚がなくて狭くなったが、押してハイペースの中団インにつけてよく伸びた。長距離輸送や右回りが苦手なこともあり、東京2100mと他のコースでは能力が違うし、タフ馬場ならさらに良い。
  • 2着 メイプルブラザー 牡5 8点 ハイペースの後ろ目インでロスなく運んで馬群を伸びた。東京2100mのハイペースはベスト条件だろう。
  • 3着 クロスケ 牡4 5点 かなり掛かってハイペースの後ろ目馬群から伸びた。上手く壁を作って運べたが、内枠向きで今後も折り合いが課題になるだろう。
  • 4着 ゴールデンブレイヴ 牡6 4点 押してハイペースの2番手でやや掛かったが踏ん張る。軽い馬場得意で2100mをこなせたし、ブリンカーが良かったか。
  • 5着 ホーリーブレイズ 牡5 6点 2馬身出遅れ、ハイペースの後方から外でよく伸びた。隣の馬の影響で出遅れたのが響いたしもっと時計が掛かる馬場向きなので、東京2100mのハイペースはかなり得意。
  • 6着 サトノプライム 牡5 8点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方インでロスなく運んで伸びた。出遅れがつきまとうので不安定だが今回は展開が向いた。
  • 7着 ブラックバゴ 牡7 8点 ハイペースの後方馬群で伸びきれず。距離延長良かったし、砂被ってもやれた。
  • 8着 サノサマー 牡5 5点 ハイペースの中団大外でかなりロスがありあまり伸びず。緩んだところで捲りきればスタミナが活かせるが、流れが速くて捲りきれないと今回のように中途半端に外を回らされてしまう。少頭数やタフ馬場の方が安定する。
  • 9着 メイショウスミトモ 牡8 7点 やや掛かってハイペースの後方馬群であまり伸びず。
  • 10着 カラクプア セ6 7点 ハイペースの中団馬群で伸びず。久々が響いたか。
  • 11着 フェニックスマーク 牡5 4点 ハイペースの中団から好位大外でかなりロスがあり伸びず。枠と展開が噛み合わなかったが、次走あたりは良くなりそう。
  • 12着 コスモカナディアン 牡6 6点 ハイペースの好位インで伸びず。休み明けが響いたし、タフ馬場の方が得意。
  • 13着 マイネルクラース 牡5 5点 ハイペースの先行で失速。久々が響いたか。
  • 14着 ナムラアラシ 牡6 6点 1馬身出遅れ、ハイペースの後ろ目馬群で伸びず。タフ馬場の方がいい。
  • 15着 テルペリオン 牡5 5点 押してハイペースのハナで失速。展開が厳しかったにしても負け過ぎで、敗因がよく分からない。
  • 16着 ミキノトランペット 牡5 3点 かなり掛かってハイペースの好位外でロスがあり失速。休み明けが響いた。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com