山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

信越S2019【レース回顧・勝因敗因】

信越ステークス(L)
2019年10月6日 新潟11R
芝1400m・内 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):6(やや高速馬場)

位置取り:逃げ馬不利、やや後方不利

コース取り:やや内有利、やや外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 アルーシャ 牝4 6点 スローペースの後ろ目馬群から外に出して鋭く伸びた。壁を作って折り合わせたいので内枠は合うし、距離延長や外枠だと掛かって自滅のリスクが高まる。
  • 2着 プールヴィル 牝3 8点 好位インでロスなく運んで伸びた。雨が降って良かったし距離もこれくらいがいい(騎手談)
  • 3着 デアレガーロ 牝5 7点 中団馬群から伸びた。広いコースの1400mが一番安定するだろう。
  • 4着 メイケイダイハード 牡 4 8点 逃げ馬と離れた単独2番手でロスなく運んで踏ん張る。楽に前に行ける1400mが合うようだ。
  • 5着 エントシャイデン 牡4 3点 2馬身出遅れ、スローペースの殿から大外でロスがあったが伸びた。本質的には1400mがベストだが、1400mだと出遅れのマイナスが1600mよりも大きくなる。今後1400mの内枠で出遅れなければベストパフォーマンスを出せる可能性が高い。
  • 6着 アンコールプリュ 牝4 6点 中団外でロスがあり、それなりに伸びた。
  • 7着 ミュゼエイリアン セ7 8点 中団インでロスなく運んでなだれ込み。上がりの掛かる1400mも悪くないが、坂が得意なので中山の1600mがベストだろう。
  • 8着 リバティハイツ 牝4 4点 スローペースの後ろ目大外でかなりロスがあったがそれなりに伸びた。大外枠が敗因で内容は悪くなく、悲観する必要はない。
  • 9着 キャプテンペリー セ6 5点 1馬身出遅れ、スローペースの後方馬群からそれなりに伸びた。近5走のうち4走が8枠でロスがあり、5枠だった谷川岳Sもスムースさを欠いたレースだったので、運が悪いだけで普通の状況になれば巻き返せる。タフ馬場ハイペースが理想。
  • 10着 タイムトリップ 牡5 6点 1馬身出遅れ、中団馬群で伸びきれず。もっと時計が掛かったり、坂がある方がいい。
  • 11着 ツーエムマイスター 牡7 5点 押してハイペースの大逃げで粘れず。競られたわけでもないのに飛ばし過ぎて自滅の形なので騎乗ミス。
  • 12着 トウショウドラフタ 牡6 5点 スローペースの後方インでロスなく運び、直線馬群を突いてややスムースさを欠いて伸びず。
  • 13着 ディープダイバー 牡3 6点 後ろ目外でロスがあり伸びず。右回りの方が良さそう。
  • 14着 タマモブリリアン 牝6 7点 中団馬群で失速。1400mは長く、小回り1200m向き。
  • 15着 キングハート 牡6 7点 押して好位馬群で失速。1400mは長い。
  • 16着 サフランハート 牡6 6点 好位外でロスがあり失速。右回りの方がいいし、衰えた可能性が高い。
  • 17着 ヴェネト 牡7 7点 外から好位につけたが失速。近2走の内容がかなり悪く、衰えた可能性がある。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com