山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

紫苑S2019【予想・見解】出走全馬の推定勝率を公開!

第4回紫苑S・G3
2019年9月7日 中山11R
芝2000m

 

想定馬場・想定トラックバイアス

馬場状態:良

馬場レベル(1~9):7~8(高速馬場~超高速馬場)

コース取り:やや内有利

 

予想評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 14 カレンブーケドール 39.0%
2位 8 グラディーヴァ 11.1%
3位 6 フェアリーポルカ 9.7%
4位 15 パッシングスルー 9.7%
5位 13 アップライトスピン 7.3%
6位 2 クールウォーター 6.4%
7位 5 レッドベルディエス 4.2%
8位 1 エアジーン 3.7%
9位 10 レオンドーロ 2.1%
10位 12 ローズテソーロ 2.1%
11位 3 スパークオブライフ 2.1%
12位 11 メイクハッピー 1.4%
13位 4 フィリアプーラ 0.9%
14位 9 ウエスタンランポ 0.4%
15位 7 トーセンガーネット 0.1%

 

予想・全馬解説

  1. エアジーン 牝3 東京の超高速馬場で外目の枠だった前走よりは今回の方が明らかに条件が合う。掛かりやすいのでハイペースになってほしい。
  2. クールウォーター 牝3 前走は前半壁が作れず掛かって自滅したので多頭数内枠になるのは良く、能力上位なので自滅しなければ巻き返せる。
  3. スパークオブライフ 牝3 前走重馬場のハイペースで大幅にパフォーマンスを上げたが、良馬場やスローになって同様のパフォーマンスを出せる可能性は低い。
  4. フィリアプーラ 牝3 東京の超高速馬場だった前走より条件は合うが、休んでかなり成長していないと能力的に厳しい。
  5. レッドベルディエス 牝3 前走重馬場で勝ったが良馬場になるのは良さそうだし、2000mの距離適性は分からないがキャリアが浅い分の上積みが見込める。
  6. フェアリーポルカ 牝3 近2走は超高速馬場の外枠でかなりロスがあったし条件が合わなかった。ハイペース向きの可能性が高いが、極端なスローペースにならなければ巻き返せるだろう。
  7. トーセンガーネット 牝3 2歳時のクローバー賞のパフォーマンスが低いので、芝でパフォーマンスを上げる可能性は低い。
  8. グラディーヴァ 牝3 前走は壁が作れず掛かったし、スローペースの1800mも合わず。今回はこれまでのキャリアで最も速い流れになりそうだし、距離延長も合うので大幅なパフォーマンスの上昇が見込める。
  9. ウエスタンランポ 牝3 これまでのパフォーマンスから、相当な上積みがないと厳しい。
  10. レオンドーロ 牝3 前走は東京の超高速馬場の外枠で条件が合わなかったが、中山の2000mは合うだろう。
  11. メイクハッピー 牝3 芝が良さそうな感じはしないし、仮にこなせたとしても中山2000mは合わないだろう。
  12. ローズテソーロ 牝3 まだ底を見せていないがミモザ賞の内容が物足りず、広いコースの切れ勝負の方が良さそう。
  13. アップライトスピン 牝3 前走は完調ではなかったしキャリアも浅いので大幅なパフォーマンスの上昇が見込めるが、中山の適性が低い可能性もある。
  14. カレンブーケドール 牝3 オークスの内容は展開を考慮すると一番強い。超高速馬場や距離延長の持続勝負適性が高かった可能性があるので中山2000mに替わってパフォーマンスを下げるかもしれないが、能力上位だし、内で動けない形の切れ勝負になったりするよりは持続力を活かせる外枠も良い。
  15. パッシングスルー 牝3 1戦ごとにパフォーマンスを上げているし、前走の内容はかなり強く小回りハイペース適性が高い。スローになると外枠が堪える可能性はある。

 

前走展開が不利だった馬

  • 1.エアジーン
  • 2.クールウォーター
  • 6.フェアリーポルカ
  • 8.グラディーヴァ
  • 10.レオンドーロ
  • 11.メイクハッピー
  • 14.カレンブーケドール

 

参考レースの回顧・勝因敗因

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com