山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

優駿牝馬(オークス)2019【予想・全馬解説】

第80回優駿牝馬(オークス)・G1
2019年5月19日 東京11R
芝2400m

 

評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 11 シゲルピンクダイヤ 15.2%
2位 8 ダノンファンタジー 13.3%
3位 13 ラヴズオンリーユー 11.5%
4位 2 クロノジェネシス 11.5%
5位 3 コントラチェック 10.0%
6位 5 エールヴォア 7.6%
7位 14 フェアリーポルカ 5.7%
8位 16 ビーチサンバ 5.7%
9位 7 シャドウディーヴァ 4.3%
10位 12 ウィクトーリア 3.3%
11位 6 アクアミラビリス 2.9%
12位 10 カレンブーケドール 2.5%
13位 4 シェーングランツ 2.5%
14位 17 メイショウショウブ 1.4%
15位 1 ジョディー 1.1%
16位 15 ノーワン 0.5%
17位 9 ウインゼノビア 0.5%
18位 18 フィリアプーラ 0.4%

 

予想コメント

  1. ジョディー 牝3 逃げたいので枠は良いし逃げれば崩れにくいが、前走が力負けなのでかなり恵まれないと厳しいだろう。
  2. クロノジェネシス 牝3 桜花賞は掛かったし展開不向きで力負けではない。出遅れと折り合いが課題となるので、偶数で壁を作れるこの枠は最高と言える。
  3. コントラチェック 牝3 能力はかなり高く淀みないペースの逃げがベストだが、ジョディーに行かせてスローの2番手になると掛かる確率が高いうえ、溜め殺しで能力を出し切れなかったサフラン賞のようなことになる可能性があるし、逃げても掛かって自滅の可能性はある。
  4. シェーングランツ 牝3 掛からないし距離延長は合うが、調教内容が軽くあまり上積みが見込めない。
  5. エールヴォア 牝3 高速馬場の1600mへの短縮で内枠だった桜花賞は忙しくて流れに乗れなかったが伸びており、距離延長で上積みが見込める今回は条件が合うし、掛かるリスクが少ないのも良い。
  6. アクアミラビリス 牝3 初戦とエルフィンSはかなり強い内容だし距離延長も悪くないはずだが、掛かって自滅のリスクが高いので自分との闘いになる。
  7. シャドウディーヴァ 牝3 1800mでも忙しいくらいなので距離延長は合う。
  8. ダノンファンタジー 牝3 桜花賞はスローの外枠で壁が作れず掛かったのが響いた。距離延長は問題なく枠も良いので、折り合えるかどうか自分との闘いになる。
  9. ウインゼノビア 牝3 高速馬場や2400mは合わないだろう。
  10. カレンブーケドール 牝3 自在性があり距離延長も問題ないだろう。
  11. シゲルピンクダイヤ 牝3 桜花賞の内容は一番強く、掛からないので距離延長も合う。キャリアが浅く上積みも見込めるがテンションが高いので長距離輸送を克服出来るかがカギとなる。
  12. ウィクトーリア 牝3 掛からないので距離延長は合う。スタートが課題。
  13. ラヴズオンリーユー 牝3 ここまでのパフォーマンスを見ると能力はかなり高いが、前走は出遅れてかなり掛かっていたので自分との闘いになる。
  14. フェアリーポルカ 牝3 フローラSは大外枠が響いたが内容は一番強く、掛からないので距離延長も合う。
  15. ノーワン 牝3 タフ馬場で1400mの内枠だったフィリーズレビューがベストパフォーマンスなので今回の条件が合うとは思えないし、能力的にも厳しそう。
  16. ビーチサンバ 牝3 近3走は力負けに近いが、折り合えて崩れにくいので他馬が自滅すれば浮上する。外枠はマイナス。
  17. メイショウショウブ 牝3 器用なタイプなので前走の中山1600mの内枠は合っていたが、今回の条件が良いとは思えない。
  18. フィリアプーラ 牝3 距離延長は良さそうだが、能力的に厳しそう。

 

参考レースの回顧はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com