山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

太秦S2019【レース回顧・勝因敗因】

太秦ステークス
2019年10月12日 京都11R
ダート1800m 不良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):7(高速馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:やや外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 エアアルマス 牡4 7点 押して先行外からよく伸びた。砂を被る形だと不安だったが、距離延長と外目の枠で先行出来たのが良かった。
  • 2着 ヴェンジェンス 牡6 5点 押して前半やや掛かり、後ろ目外でロスあったがよく伸びた。軽い馬場が得意だし1800mも問題ない。揉まれたくないので少頭数や外枠が理想。
  • 3着 ハイランドピーク 牡5 7点 後方インから直線外に出してよく伸びた。軽い馬場や内枠は合う。
  • 4着 ラインカリーナ 牝3 7点 押して押してハナで踏ん張る。軽い馬場の逃げはベストだろうし、自分の競馬は出来た。
  • 5着 マイネルユキツバキ 牡4 7点 押して中団馬群からそれなりに伸びた。高速馬場で控える形でも問題なく対応出来たので、安定感が増している。
  • 6着 クインズサターン 牡6 7点 後方馬群から外でそれなりに伸びた。休み明けが響いた感じだし、ブリンカーを外した影響があったのかどうか定かではない。
  • 7着 コパノチャーリー 牡7 7点 押して好位インでなだれ込み。逃げがベストだが、揉まれても崩れなくなっている。
  • 8着 クルークハイト 牝5 7点 押して好位馬群で伸びず。高速馬場や1800mよりはタフ馬場や1700mの方がいいだろう。
  • 9着 ナムラミラクル 牡6 6点 後方外でロスがあり伸びず。左回りで砂を被らない形が理想。
  • 10着 ロードアルペジオ 牡6 6点 殿から外でロスがあり伸びず。まだ完調ではなかったし、タフ馬場の方が良さそう。
  • 11着 ノーブルサターン 牡5 7点 中団インから馬群で伸びず。直線気の悪さを出した(騎手談)
  • 12着 リーゼントロック 牡8 7点 後方馬群で伸びず。衰えているし、時計が掛からないと厳しい。
  • 13着 マイネルバサラ 牡6 6点 好位外でロスがあり失速。タフ馬場の方がいい。
  • 14着 アイファーイチオー 牡5 7点 押したが外枠もあって行けず、中団馬群で徐々に後退。高速馬場も右回りも馬群も苦手で、タフ馬場や左回りで揉まれず運べれば巻き返せる。
  • 15着 ヨシオ 牡6 7点 好位インで失速。休み明けだったし、揉まれると厳しい。
  • 16着 レピアーウィット 牡4 7点 押して2番手で失速。久々や高速馬場が苦手なようだし、初の関西遠征も影響したか。関東のタフ馬場で揉まれない形なら巻き返せるだろう。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com