山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

朱鷺S2019【レース回顧・勝因敗因】

朱鷺S(L)
2019年8月25日 新潟10R
芝1400m・内 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):6(やや高速馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:内外の差はない

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ストーミーシー 牡6 7点 後方外から鋭く伸びた。近2走も不利や騎乗ミスがなければ勝っていた可能性が高かったが、今回は本領発揮出来た。
  • 2着 アンコールプリュ 牝4 7点 後ろ目馬群から直線外に出してよく伸びた。3走前から明らかに強くなっているし、折り合いが難しいタイプなので距離短縮での1400mもベスト条件の可能性が高い。
  • 3着 ツーエムマイスター 牡7 8点 押して平均ペースの単騎逃げに持ち込み踏ん張る。1400mの逃げがベスト。
  • 4着 ブレスジャーニー 牡5 7点 押して中団インから伸びた。1400mは忙しく、1800m~2000mならもっとやれる。
  • 5着 レインボーフラッグ 牡6 7点 中団外からそれなりに伸びた。外目の枠に入ることが多い馬だが、いい脚が一瞬しか使えないので内枠の方が合う。
  • 6着 メイソンジュニア 牡5 7点 好位インでなだれ込み。タフ馬場の1200m向き。
  • 7着 キャナルストリート 牝5 7点 単独2番手でノープレッシャーだったが伸びず。本気で走っていない感じ(騎手談)
  • 8着 フロンティア 牡4 7点 後ろ目馬群から直線外に出して伸びきれず。馬群が苦手(騎手談)
  • 9着 キョウワゼノビア 牝6 6点 中団馬群で直線ややスムースさを欠いて伸びきれず。
  • 10着 トウショウドラフタ 牡6 6点 壁が作れずやや掛かって好位外で伸びず。大外枠で不本意な形になったし、タフ馬場ハイペースを差す形ならもっとやれるだろう。
  • 11着 ショウナンライズ 牡6 7点 好位で伸びず。外から早目に来られたのが響いたか。
  • 12着 カルヴァリオ セ6 6点 後方インであまり追わず1点分。初騎乗で折り合いを心配したのか消極的な競馬になった。
  • 13着 レアリスタ 牡7 7点 好位馬群で伸びず。
  • 14着 リョーノテソーロ 牡4 7点 押して後方馬群で伸びず。ブリンカーを外したことが敗因だろう。
  • 15着 エメラルエナジー 牡7 7点 押して後方馬群から外で伸びず。1200mの方がいい。
  • 16着 ソーグレア 牡4 7点 後方で伸びず。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com