山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2019年の回収率は114.6%です。収支は1,102,040円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ジャパンカップ2019【結果・回顧・勝因敗因分析】スワーヴリチャード

スポンサーリンク

第39回ジャパンカップ・G1

2019年11月24日 東京11R
芝2400m 重

 

★予想評価1位のスワーヴリチャードが3番人気で1着となりました。

単勝 510円

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):3(タフ馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:かなり内有利、かなり外不利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 スワーヴリチャード 牡5 3番人気 
    8点 
    中団インでロスなく運び、直線最内からよく伸びた。左回りの持続勝負はベスト条件だし、1角で最内に入れたことで内有利の馬場の恩恵を受け、壁を作って折り合わせることができる絶好の状況に持ち込めた。

  • 2着 カレンブーケドール 牝3 5番人気 
    8点 
    好位インでロスなく運んで伸びた。持続勝負が得意で内枠を活かせたし、道悪もこなせた。

  • 3着 ワグネリアン 牡4 2番人気 
    5点 
    中団馬群にいたが4角で前が下がってきて後退不利2点分あり、直線よく伸びた。内容は一番強く、運が悪かった。

  • 4着 マカヒキ 牡6 12番人気 
    7点 
    1馬身出遅れ、離れた殿インでロスなく運び、直線に向いてから外に出してよく伸びた。この枠としては最高の騎乗をしたし、道悪で時計や上がりが掛かったのも良かった。

  • 5着 ユーキャンスマイル 牡4 4番人気 
    7点 
    後方インから4角で徐々に外に出して直線外から伸びた。内が開いていなかったのでこの乗り方しかなく、道悪も響いたか。

  • 6着 ダイワキャグニー 牡5 14番人気 
    8点 
    押してハナでなだれ込み。内有利の馬場に恵まれたが、道悪や2400mをこなせたのは収穫。

  • 7着 エタリオウ 牡 4 9番人気 
    4点 
    好位終始外でかなりロスがあり、やや掛かって伸びず。叩いた良化は示したし、道悪も良かったが枠に泣いた。もしスワーヴリチャードやカレンブーケドールと枠が逆ならこの馬が最内を取っているはずなので上位に来れた可能性が高い。

  • 8着 ムイトオブリガード 牡5 7番人気 
    7点 
    後ろ目馬群で伸びきれず。

  • 9着 シュヴァルグラン 牡7 8番人気 
    5点 
    中団終始外でかなりロスがあり伸びず。休み明け苦手で、内有利の馬場でもあったので仕方ない。

  • 10着 ルックトゥワイス 牡6 6番人気 
    7点 
    後方で4角ついていけなくなったが、直線やや盛り返した。道悪が響いた(騎手談)

  • 11着 レイデオロ 牡5 1番人気 
    6点 
    後ろ目馬群から3角で内に入れてロスなく運んだが伸びず、最後追わず2点分減点。道悪が敗因(騎手談)

  • 12着 ウインテンダネス 牡6 15番人気 
    7点 
    押して好位馬群から徐々に後退。

  • 13着 ジナンボー 牡4 11番人気 
    1点 
    後ろ目終始大外で相当ロスがあり伸びず、最後追わず3点分減点。外枠が響いたし、2400mも長そう。

  • 14着 ダンビュライト 牡5 10番人気 
    6点 
    2角までは3番手でロスがあり、向こう正面で2番手になったが失速。テンションが高かった(騎手談)

  • 15着 タイセイトレイル 牡4 13番人気 
    1点 
    スタート後挟まる不利1点分あり、後方外でロスがあり伸びず、あまり追わず4点分減点。道悪で進んで行かず(騎手談)

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com