山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ルミエールオータムダッシュ2019【結果・回顧・敗因分析】レジーナフォルテ

ルミエールオータムダッシュ(L)
2019年10月27日 新潟11R
芝・1000m・直線 稍重

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):1(超タフ馬場)

位置取り:やや前不利、やや後方有利

コース取り:内不利、外有利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 レジーナフォルテ 牝5 7点 ハイペースの好位馬群から外に出して伸びた。良馬場が理想だろうが、道悪でも崩れなくなっている。
  • 2着 ライオンボス 牡4 5点 押してハイペースの先行でよく踏ん張る。久々で完調でもなかったので千直ではかなり強いし、時計が速くなりすぎるよりは道悪も良かったか。
  • 3着 ミキノドラマー 牡6 6点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方外でややスムースさを欠いたが伸びた。時計掛かる千直がベスト。"
  • 4着 ゲンキチハヤブサ セ7 8点 ハイペースの後ろ目外から馬群を突いて伸びた。千直がベスト。
  • 5着 アルマエルナト セ8 6点 ハイペースの好位外で2点分スムースさを欠いたが伸びた。外枠や道悪は良かった。
  • 6着 メイショウカズヒメ 牝5 6点 ハイペースの後方インから伸びた。道悪得意で千直もこなせた。高速馬場だとパフォーマンスを下げる可能性が高い。
  • 7着 カッパツハッチ 牝4 5点 ハイペースの先行で終始右にモタレていたし、接触不利2点分あったが踏ん張る。モタレた原因がよく分からないが、久々が響いたか。
  • 8着 アポロノシンザン 牡7 7点 ハイペースの中団馬群で伸びきれず。千直は対応出来たがベストではなさそう。
  • 9着 トウショウドラフタ 牡6 7点 ハイペースの後方馬群でややスムースさを欠いて伸びきれず。千直は忙しいが、道悪やハイペースが良かった。
  • 10着 ジョーカナチャン 牝4 4点 内からハイペースの先行で踏ん張る。枠や展開を考えれば上々の内容で、千直の適性はかなり高い。
  • 11着 アペルトゥーラ 牡8 6点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方外でややスムースさを欠いた。
  • 12着 シベリアンスパーブ 牡10 7点 ハイペースの後方馬群でややスムースさを欠いた。
  • 13着 サラドリーム 牝4 6点 ハイペースの中団内目で伸びず。枠に恵まれないとオープンでは厳しいだろう。
  • 14着 ブリッジオーヴァー 牝5 4点 ハイペースの中団インで伸びず。1番枠や連闘が響いた。
  • 15着 トウショウピスト 牡7 7点 ハイペースの後ろ目から内を突いて伸びず。
  • 16着 ラブカンプー 牝4 3点 内からハイペースの好位で失速。内枠や展開が厳しかった。
  • 17着 クールティアラ 牝3 3点 ハイペースの外ラチ沿いハナで直線狭くなって後退してあまり追わず4点分減点。高速馬場の方がいいか。
  • 18着 オールポッシブル 牝5 5点 ハイペースの中団インで失速。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com