山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

都大路S2019【回顧・全馬解説】

都大路S(L)
2019年5月11日 京都11R
芝1800m・外 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):7(高速馬場)

位置取り:前が不利

コース取り:内外の差はない

 

レース回顧

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ソーグリッタリング 牡5 7点 中団で追い出しを我慢する感じでよく伸びた。着差以上に強い。折り合えば1800mも問題ない。
  • 2着 テリトーリアル 牡5 7点 中団馬群から伸びた。これまではタフ馬場や内回りでのパフォーマンスが高かっただけに、高速馬場の京都外回りでこれだけやれたのは収穫。
  • 3着 エイシンティンクル 牝6 5点 ハイペースの単騎逃げで踏ん張る。1800mだと楽に逃げられるのは良いが、オーバーペースになってしまうので1400m~1600mがベスト。
  • 4着 ベステンダンク 牡7 6点 ハイペースの好位インで踏ん張る。揉まれずマイペースで走るのが合うので少頭数や広いコースが得意。ベストは1600mだろう。
  • 5着 ヒーズインラブ 牡6 5点 1馬身出遅れ、4角で後ろから乗っかけられる不利が1点分あり、直線外に出してそれなりに伸びた。1800mはやや長いか。
  • 6着 サンマルティン セ7 7点 下げて後方インで折り合わせ、直線外に出して伸びきれず。壁を作って折り合わせたいのでハイペース内枠が理想。
  • 7着 サトノフェイバー 牡4 6点 ハイペースの好位で粘れず。高速馬場はイマイチか、久々好走後の反動か。息遣いが良くなかった(騎手談)
  • 8着 スズカディープ セ7 7点 後ろ目インで伸びず。小回りの方がいい。
  • 9着 ブラックバゴ 牡7 6点 1馬身出遅れ、後方外で伸びず。高速馬場の1800mは忙しく、タフ馬場の2000m~2200m向き。
  • 10着 ミライヘノツバサ 牡6 5点 好位外で伸びず、あまり追わず2点分減点。高速馬場の1800mは忙しく、急坂の2500mがベスト。
  • 11着 カレンラストショー 牡7 7点 離れた殿でサッパリ。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com