山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

天王山S2019【回顧・全馬解説】

天王山S
2019年4月29日 京都11R
ダート1200m 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):5(標準馬場)

位置取り:前後の位置の差はない

コース取り:やや内有利

 

レース回顧

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 タテヤマ 牡5 8点 押して好位インでロスなく運んで伸びた。叩きつつ良化してた。
  • 2着 ホウショウナウ 牡4 6点 1馬身出遅れ、中団インから好位馬群に進出して伸びた。
  • 3着 バイラ 牡4 8点 後方インでロスなく運んで馬群を鋭く伸びた。1200mは忙しいが上手く乗った。
  • 4着 ジューヌエコール 牝5 6点 押して好位外でロスあったが伸びた。
  • 5着 オールドベイリー 牡5 4点 中団外でロスあり、かなり掛かっていたが伸びた。常に折り合いが課題。
  • 6着 メイショウワダイコ 牡7 6点 内から揉まれない好位外に上手く出し、ロスあったがスムースに運んで踏ん張る。揉まれなければ安定する。
  • 7着 ニットウスバル 牡7 4点 後方馬群から伸びてたが、前が詰まって躓くロス3点分。捌けていれば少なくとも4着はあった。
  • 8着 ベック 牡8 6点 1馬身出遅れ、中団馬群で伸びきれず。
  • 9着 ヒロシゲゴールド 牡4 6点 スタートの出がイマイチで押してやや競り合って内からハイペースのハナで粘れず。あまり使い込まない方が良さそう。
  • 10着 タムロミラクル 牡7 7点 後方外目で伸びきれず。1200mは忙しい。
  • 11着 アドマイヤゴッド 牡7 7点 中団馬群から外で伸びず。砂被っても崩れなかったし、ダート適性はありそう。
  • 12着 ナンチンノン 牡8 6点 押してやや競り合ってハイペース3番手で失速した。
  • 13着 シャインヴィットゥ 牡5 6点 外から押してやや競り合ってハイペース3番手で粘れず。久々だったし、初の関西遠征も影響したか。
  • 14着 ゼンノサーベイヤー 牡6 4点 1馬身出遅れ、後方インで伸びず、あまり追わず2点分減点。揉まれ弱いし、久々とブリンカーを外した影響があったのかもしれない。
  • 15着 メイショウヒサカタ 牝4 6点 1馬身出遅れ、中団馬群で追い通しでズルズル後退した。タフ馬場で揉まれない1400mがベストだが、スタートも安定しないのでアテにしづらい。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com