山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2020年の回収率は112.5%です。収支は1,210,730円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

中山牝馬S2021【回顧・勝因敗因分析】ランブリングアレー

スポンサーリンク

第39回ローレル競馬場賞中山牝馬S・G3

2021年3月13日 中山11R
芝1800m 不良

 

 

レース傾向・トラックバイアス

  • 超タフ馬場
  • 前不利、後方有利
  • 内ラチ沿いだけ相当有利

 

回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ランブリングアレー 牝5 55
    7点 武豊 7番人気

    ハイペース中団外からよく伸びた。道悪が得意なわけではないだろうが、乗りやすいしここでは能力上位。

  • 2着 ロザムール 牝5 52
    6点 北村宏司 5番人気

    押してハイペースハナでよく踏ん張る。展開は厳しかったがグリーンベルトの恩恵2点分あり。1600~1800mの道悪が合う。

  • 3着 フェアリーポルカ 牝5 55
    7点 和田竜二 6番人気
    ハイペース中団インから馬群を徐々に進出して伸びた。器用さがあって崩れにくく、時計や上がりが掛かる状況が合う。

  • 4着 ホウオウピースフル 牝4 53
    8点 大野拓弥 12番人気

    スタートで外に寄れるロス1点分あり、ハイペース後方外から鋭く伸びた。前走折り合わせる練習をしたことに加え道悪やハイペースのおかげで折り合えたが、外枠でスローペースになると自滅のリスクが高まる。

  • 5着 シャドウディーヴァ 牝5 54
    8点 岩田康誠 8番人気

    ハイペース後方インから直線外に出してよく伸びた。右回りだとコーナーで進出出来ないので安定感に欠けるが、今回は展開が向いた。

  • 6着 デンコウアンジュ 牝8 56
    8点 柴田善臣 13番人気

    ハイペース後方外で伸びきれず。小回りや道悪は合う。

  • 7着 リアアメリア 牝4 55
    6点 福永祐一 3番人気

    ハイペース好位で4角後退しかけたがその割に踏ん張る。高速馬場や広いコース向きなので悲観する内容ではない。

  • 8着 サトノダムゼル 牝5 53
    6点 田辺裕信 2番人気

    ハイペース好位外で伸びず。良馬場や内枠の方がいい。

  • 9着 ドナアトラエンテ 牝5 53
    5点 戸崎圭太 1番人気

    ハイペース先行でなだれ込み。中山や道悪もこなしてはいるが、軽い馬場や広いコースの方が得意だろう。

  • 10着 スイープセレリタス 牝5 52
    4点 横山武史 16番人気

    ハイペース2番手で粘れず。1800m自体はこなせそうだが、道悪や展開が響いた。

  • 11着 ロフティフレーズ 牝6 52
    7点 丸山元気 15番人気

    後ろ目外で伸びず。時計の掛かる良馬場が理想か。

  • 12着 アブレイズ 牝4 54
    8点 藤井勘一 10番人気

    ハイペース後方馬群で伸びず。道悪苦手の可能性が高く、時計や上がりの掛かる良馬場が理想か。

  • 13着 シーズンズギフト 牝4 53
    2点 津村明秀 9番人気

    相当掛かってハイペース後ろ目インで伸びず、直線右にモタレ気味であまり追わず2点分減点。距離短縮や内枠の方がいいし、自滅のリスクが高過ぎるのであてにできない。

  • 14着 リリーバレロ 牝6 52
    5点 M.デム 11番人気

    ハイペース先行インで失速。道悪や1800mが良いことはなさそう。

  • 15着 アルーシャ 牝6 55
    6点 ルメール 4番人気

    やや掛かってハイペース中団馬群で伸びず。1800mだと折り合いが課題になるし、道悪なら1400mの方が良さそう。

  • 16着 インターミッション 牝4 53
    7点 石川裕紀 14番人気

    ハイペース中団で徐々に後退。道悪苦手。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com

 

★信頼できる予想家の見分け方をnoteで公開中!

あなたは競馬で勝っている人は何%か知っていますか?
信頼できる予想家の見分け方をnoteで解説しています。

https://note.com/yamaguchiyoshino/n/n5066bab9d153