山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

パトロールビデオ活用のすすめ【馬券力向上】

競馬においてのパトロールビデオとは?

競馬においてのパトロールビデオとはパトロールタワーからレースを撮影したビデオです。
高い位置から馬群全体が画面に収まるように撮影しているので通常のレース映像より各馬の位置取りや脚色がはっきりわかります。

 

パトロールビデオは宝の山

新聞や通常のレース映像からは読み取れなかったことが、パトロールビデオを確認すれば見えてくることがたくさんあります。
パトロールビデオを確認するには時間がかかるため、見ている人は少ないと思います。
ギャンブルにおいて価値のある情報は他人が気づいていない情報です。
パトロールビデオを見れば価値のある情報を手に入れることができます。

 

全レースのパトロールビデオを見るには?

グリーンチャンネル

グリーンチャンネルで「ザ・パトロールビデオ」という番組があります。
前週に行われた中央競馬の全レースのパトロールビデオを放映しています。

放送時間 火曜日19:00~22:00
※再放送もあります

 

JRA日本中央競馬会の公式ホームページ

JRA日本中央競馬会の公式ホームページからも見ることができます。
グリーンチャンネルに比べて画質は良くありませんが、パソコン、スマホで手軽に見ることができます。
2017年より全レースのパトロールビデオを見ることができるようになりました。

 

パトロールビデオの見方・チェック項目

パトロールビデオを確認する時、私がチェックしている項目は以下の8点です。

  1. 出遅れ
  2. レース中の不利
  3. 馬群に揉まれて嫌気をさすか
  4. 折り合い
  5. 距離ロスがあったか
  6. 馬場のどこを通ったか
  7. 手ごたえ、脚色
  8. 最後まで追っているか

 

前走展開が不利だった馬の成績は?

前走の不利は人気に反映されているのでしょうか?
それでは前走で展開が有利だった馬と展開が不利だった馬の成績の違いを見てみましょう。
有利不利はパトロールビデオで以下の項目を確認し判断しています。

  • 出遅れたか
  • レース中に不利があったか
  • 折り合いを欠いたか
  • 距離ロスがあったか
  • 馬場の悪い所を通ったか
  • ペースは向いたか
  • 最後まで追っているか

 

集計範囲:2014年1月5日~2019年5月4日

前走展開 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
不利 17,108 7.3% 21.8% 81% 81%
普通 48,574 7.4% 22.4% 74% 75%
有利 9,500 7.1% 20.8% 70% 63%

勝率、複勝率にそこまでの違いはありませんが、回収率は大きな違いがあります。
前走有利の馬は回収率が低く、前走不利の馬は回収率が高くなっています。

 

まとめ

パトロールビデオは通常のレース映像ではわからないことをチェックすることができます。
パトロールビデオを見続けることでレースを見る力も身についてきます。
見るか見ないかで馬券力に大きな差がつくと思います。
パトロールビデオを活用してみてはいかがでしょうか。

グリーンチャンネルはスカパーから加入できます。