山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2020年の回収率は112.5%です。収支は1,210,730円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ジャパンカップ2020【回顧・勝因敗因分析】アーモンドアイ

スポンサーリンク

第40回ジャパンカップ・G1

2020年11月29日 東京12R
芝2400m 良

 

レース傾向・トラックバイアス

  • やや高速馬場
  • 前不利
  • 内荒れ

 

回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 アーモンドアイ 牝5 55
    7点 ルメール 1番人気

    好位インからよく伸びた。偶数枠でスタートが決まったし、グローリーヴェイズが前に入ってくれたことにより、壁を作って折り合える理想的な形が発生した。

  • 2着 コントレイル 牡3 55
    7点 福永祐一 2番人気

    後ろ目から外に出してよく伸びた。完調ではなかったが、距離短縮で折り合えたし内容は良かった。

  • 3着 デアリングタクト 牝3 53
    7点 松山弘平 3番人気

    中団からよく伸びた。直線内にモタレ気味。スローペースだと掛かるリスクがあるしごちゃつく形も合わないので、縦長のハイペースで揉まれない理想的な状況が発生した。

  • 4着 カレンブーケドール 牝4 55
    6点 津村明秀 5番人気

    やや掛かって中団インから直線外に出して伸びた。直線内にモタレ気味。左回りの内枠はベストだが、壁を作っても掛かっていたし、今後も折り合いやモタレる面が課題。ハイペース向き。

  • 5着 グローリーヴェイズ 牡5 57
    5点 川田将雅 4番人気

    ハイペース先行インで踏ん張る。内荒れ1点分減点。外枠から出して行って脚を使ったし、大逃げの馬を気にしつつ勝ち馬の目標にされる厳しい状況だったので2~4着馬よりも内容は強い。結果的には外枠が響いた。

  • 6着 ワールドプレミア 牡4 57
    7点 武豊 7番人気

    後ろ目インであまり伸びず。長期休養明けだったので仕方なく、順調に使えればもっと良くなるだろう。

  • 7着 ミッキースワロー 牡6 57
    7点 戸崎圭太 10番人気

    後方インから直線外に出して伸びきれず。叩いて良化し距離延長も良かったが、右回りや急坂が理想。

  • 8着 キセキ 牡6 57
    1点 浜中俊 6番人気

    内から押してハイペース大逃げで粘れず。内荒れ2点分減点。ヨシオと枠が逆ならもっとゆっくり行けて粘れた可能性もある。内容はかなり強く、スタミナと持続力を活かせる状況が合うが自滅もつきまとう。

  • 9着 マカヒキ 牡7 57
    6点 三浦皇成 11番人気

    1馬身出遅れ。後方インから馬群を突いてあまり伸びず。ジックリ運ぶ形が合うので東京2400mはベストか。

  • 10着 ウェイトゥパリス 牡7 57
    6点 M.デム 9番人気

    1馬身出遅れ。殿から伸びず。

  • 11着 パフォーマプロミス 牡8 57
    7点 岩田望来 12番人気

    後ろ目外で伸びず。もっと時計が掛かった方がいい。

  • 12着 ユーキャンスマイル 牡5 57
    6点 岩田康誠 8番人気

    後方外で伸びず。あまり追わず1点分減点。本調子になかった可能性が高い。

  • 13着 クレッシェンドラヴ 牡6 57
    7点 内田博幸 14番人気

    好位馬群で失速。小回りやタフ馬場の方がいい。

  • 14着 トーラスジェミニ 牡4 57
    4点 田辺裕信 15番人気

    ハイペース先行で失速し、あまり追わず2点分減点。タフ馬場や小回りや1600~1800m向きなので条件が合わず。

  • 15着 ヨシオ 牡7 57
    5点 勝浦正樹 13番人気

    押してハイペース2番手から徐々に後退。ダートの1400前後向き。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com

 

★信頼できる予想家の見分け方をnoteで公開中!

あなたは競馬で勝っている人は何%か知っていますか?
信頼できる予想家の見分け方をnoteで解説しています。

https://note.com/yamaguchiyoshino/n/n5066bab9d153