山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2019年の回収率は114.6%です。収支は1,102,040円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

東風S2020【結果・回顧・勝因敗因分析】ストーミーシー

スポンサーリンク

東風ステークス(L)

2020年3月15日 中山11R
芝1600m 稍重

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):3(タフ馬場)

位置取り:前不利

コース取り:内荒れ、やや外不利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  1. ストーミーシー 牡7 57 
    5点 横山武史 4番人気 
    押してハイ先行インから伸びた。内荒れ1点分減点。前で折り合えるなら1400mより1600mの方が合いそうだし、道悪やハイペースが得意。

  2. アストラエンブレム セ7 57 
    7点 吉田豊 2番人気 
    好位馬群から伸びた。1600m~1800mで上がりが掛かる状況が合う。

  3. サーブルオール 牡7 56 
    5点 津村明秀 8番人気 
    やや掛かって後ろ目外から徐々に進出してロスあったが伸びた。時計や上がりが掛かる状況は得意だが、ベストは1800mだろう。ブリンカー効果あり(騎手談)

  4. シャイニービーム 牡8 56 
    6点 丸山元気 7番人気
    後方インで直線ややスムースさを欠いたが、外に出しつつ伸びた。

  5. イレイション 牡8 56 
    6点 ミナリク 6番人気 
    行き脚なく後方外でロスがあったがそれなりに伸びた。道悪は苦にしないので内を突けばもっとやれただろう。

  6. カツジ 牡5 57 
    3点 横山典弘 5番人気 
    中団大外でかなりロスがあり、4角から一気に進出して伸びきれず。1年振りということを考慮すれば破格の内容で、道悪のハイペースがベストか。

  7. クライムメジャー 牡6 56 
    6点 石川裕紀 14番人気 
    後ろ目インで伸びきれず。内荒れ1点分減点。高速馬場よりタフ馬場は合う。

  8. キャプテンペリー セ7 56 
    7点 江田照男 13番人気 
    後方馬群から外であまり伸びず。

  9. ハーレムライン 牝5 55 
    7点 木幡巧也 10番人気 
    中団から馬群で伸びず。

  10. ジャンダルム 牡5 58 
    4点 藤井勘一 1番人気 
    中団外にいたが、カツジが動いたところで一緒に上がって行ってロスがあり失速。

  11. エントシャイデン 牡5 56 
    6点 大野拓弥 9番人気 
    1馬身出遅れ。殿から外で伸びず。久々で完調ではなかったし、もっと軽い馬場の方がいい。

  12. ボンセルヴィーソ 牡6 56 
    3点 石橋脩 3番人気 
    ハイペース好位外目にいたが、4角でジャンダルムとカツジが動いてきたところで一緒に動くハメになって失速。内荒れ1点分減点。不本意な展開になったので楽な先行なら巻き返せる。

  13. ノーワン 牝4 55 
    6点 川又賢治 11番人気 
    後方インで伸びず。内荒れ1点分減点。1600mは長く1200m~1400m向き。

  14. ショウナンライズ 牡7 57 
    5点 北村宏司 15番人気 
    ハイペース先行で4角捲られたときに無抵抗で失速。緩い流れを揉まれず運べる形の方がいい。

  15. ミュゼエイリアン セ8 57 
    2点 野中悠太 16番人気 
    押して競り合ってハイペース2番手で4角交わされて失速。内荒れ1点分減点。

  16. ファストアプローチ セ5 56 
    2点 ヒューイ 12番人気 
    競り合ってハイペースハナで4角交わされて失速。道悪苦手だし、楽な状況向き。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com