山口吉野の競馬

ウマニティ2015年~2019年の回収率は114.6%です。収支は1,102,040円。過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

京都金杯2020【予想・見解】出走馬の推定勝率を公開!

スポンサーリンク

第58回スポーツニッポン賞京都金杯・G3

2020年1月5日 京都11R

芝1600m・外

 

想定馬場・想定トラックバイアス

馬場状態:良

馬場レベル(1~9):5~6(標準馬場~やや高速馬場)

コース取り:内有利、外不利

 

予想評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 6 ダイアトニック 16.2%
2位 3 サウンドキアラ 12.3%
3位 15 モズダディー 9.3%
4位 1 エメラルファイト 8.1%
5位 14 ブレステイキング 7.0%
6位 13 カテドラル 7.0%
7位 4 オールフォーラヴ 5.3%
8位 18 ソーグリッタリング 5.3%
9位 8 ドーヴァー 4.6%
10位 16 エントシャイデン 4.0%
11位 7 ボンセルヴィーソ 3.5%
12位 11 ハッピーグリン 3.5%
13位 17 メイショウショウブ 3.5%
14位 5 メイケイダイハード 2.3%
15位 12 タイムトリップ 2.3%
16位 2 マルターズアポジー 2.0%
17位 9 ストロングタイタン 2.0%
18位 10 マイネルフラップ 1.5%

 

予想・全馬解説

  1. エメラルファイト 牡4
    石川裕紀 56

    前走は外枠でかなりロスがあったので仕方ない。器用で内枠向きなので大幅なパフォーマンスの上昇が見込める。

  2. マルターズアポジー 牡8
    松若風馬 56
    近4走は距離が長かったり逃げられない展開で不完全燃焼。京都外回りは合わないが、1600m~1800mの単騎逃げがベストで今回はその展開が見込める。

  3. サウンドキアラ 牝5
    松山弘平 53
    近3走全て外枠でも崩れていないが、本来内枠向きなので大幅なパフォーマンスの上昇が見込める。

  4. オールフォーラヴ 牝5
    和田竜二 54

    前走は外枠で流れに乗れず。道悪が理想だが広いコースや内枠に替わるのは良いし、ハイペースになれば高いパフォーマンスを見込める。

  5. メイケイダイハード 牡5
    柴山雄一 53
    前走はハイペースでも掛っていたように1600mは長いが、スローペースを先行して折り合えれば前走よりはやれるだろう。

  6. ダイアトニック 牡5
    北村友一 57
    前走は距離延長の臨戦過程で外枠という厳しい条件だったので仕方ない。器用でピッチ走法なので内枠向きで、パフォーマンスの上昇が見込める。

  7. ボンセルヴィーソ 牡6
    太宰啓介 54
    1400mがベストだし、前走より楽な展開になる可能性も低い。

  8. ドーヴァー 牡7
    福永祐一 56
    前走は道悪のハイペースで内をロスなく運んで展開も向いた。ハイペースになればやれるかもしれないが、良馬場の京都1600mが合う可能性は低い。

  9. ストロングタイタン 牡7
    幸英明 57

    揉まれ弱いが前走はハイペースの外枠で展開が嵌ったし、レベルも低かった。前走のパフォーマンスを出せてもここでは厳しいが、前走より厳しい状況になる可能性が高い。

  10. マイネルフラップ 牡4
    国分優作 53

    近走の内容が物足りないし、もっと時計が掛かる状況でないと厳しい。

  11. ハッピーグリン 牡5
    吉田隼人 55
    小回りの2200m前後が得意な馬なので、京都1600mは合わない可能性が高い。

  12. タイムトリップ 牡6
    岩田康誠 54
    道悪になった方がいいが、前走程度のパフォーマンスは見込める。

  13. カテドラル 牡4
    武豊 55
    前走は内をロスなく運べたが、スタートが不安定であてにできないし、外枠なので前走ほど上手く乗れる可能性は低い。

  14. ブレステイキング 牡5
    藤岡佑介 56
    叩いた良化が見込めるし京都1600mの適性もありそうだが、外枠はマイナス。

  15. モズダディー 牡5
    酒井学 54
    崩れにくく、内枠が理想だがこの枠でも揉まれない好位につけられそうなので悪くない。

  16. エントシャイデン 牡5
    坂井瑠星 54
    前走は直線前が詰まらなければ上位に来れた可能性が高いが、スタートの不安がつきまとうし外枠マイナス。

  17. メイショウショウブ 牝4
    池添謙一 53
    器用さを活かしたいタイプで前走内回りの内枠でパフォーマンスを上げただけに、外回りの外枠になるのはマイナス。

  18. ソーグリッタリング 牡6
    川田将雅 56
    能力上位だが、壁を作って折り合わせたいので大外枠は最悪。ハイペースの縦長で外枠のロスが軽減される展開が理想。

 

逃げ馬候補

  • 2.マルターズアポジー 

 

前走展開が不利だった馬

  • 1.エメラルファイト
  • 2.マルターズアポジー
  • 4.オールフォーラヴ
  • 5.メイケイダイハード
  • 11.ハッピーグリン
  • 16.エントシャイデン
  • 18.ソーグリッタリング

 

参考レースの回顧・勝因敗因

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com

www.yamaguchi-yoshino.com