山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

オーロカップ2019【結果・回顧・勝因敗因分析】テトラドラクマ

オーロカップ(L)

2019年11月10日 東京11R
芝1400m 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):8(超高速馬場)

位置取り:前不利、後方有利

コース取り:やや外不利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 テトラドラクマ 牝4 8番人気 
    7点 
    ハイペースの後ろ目馬群から伸びた。広いコースのハイペースがベスト。

  • 2着 プールヴィル 牝3 3番人気 
    5点 
    ハイペースの好位外でロスがあったがよく踏ん張る。枠や展開が厳しかったので上々の内容。

  • 3着 ジョイフル 牡5 6番人気 
    8点 
    ハイペースの後方馬群からよく伸びた。

  • 4着 トウショウドラフタ 牡6 16番人気 
    8点 
    ハイペースの後方馬群から直線外に出してよく伸びた。ハイペース1400mはベストだしブリンカー効果もありそう。道悪が理想だろう。

  • 5着 エイシンティンクル 牝6 5番人気 
    5点 
    かなり掛かってハイペースの後ろ目馬群から伸びた。能力は上位だが、このペースでも掛っているようだと今後も自滅のリスクがつきまとう。1600m以下での単騎逃げがベストだろう。

  • 6着 フロンティア 牡4 10番人気 
    8点 
    下げてハイペースの殿から外でよく伸びた。左回りで揉まれない状況はベスト。

  • 7着 ダイメイフジ 牡5 11番人気 
    7点 
    ハイペースの中団馬群でそれなりに伸びた。

  • 8着 エントシャイデン 牡4 2番人気 
    6点 
    2馬身出遅れ、ハイペースの後方から外で伸びた。左回りの1400mはベストだが、出遅れがつきまとう。

  • 9着 ムーンクエイク セ6 7番人気 
    6点 
    かなり掛かってハイペースの後方から外で伸びた。叩いて良化しブリンカー効果を見せたが、今後は折り合いが課題となるだろう。

  • 10着 トミケンキルカス 牡7 15番人気 
    4点 
    ハイペースの先行外でロスがありなだれ込み。外枠で展開が噛み合わなかったので内容は悪くなく、もっと楽な状況になれば巻き返せる。

  • 11着 トウショウピスト 牡7 18番人気 
    5点 
    ハイペースの先行インでなだれ込み。1000mのあとだけに頑張っており、ブリンカー効果がある。

  • 12着 メイケイダイハード 牡4 12番人気 
    5点 
    ハイペースの中団大外でかなりロスがあり伸びず。外枠が響いた。

  • 13着 ラヴィングアンサー 牡5 4番人気 
    5点 
    ハイペースの3番手で粘れず。休み明けで完調ではなかったし展開不向きだったので、次はもっとやれるだろう。

  • 14着 ショウナンライズ 牡6 9番人気 
    6点 
    押してハイペースの好位馬群で伸びず。緩い流れや揉まれない状況の方がいい。

  • 15着 ウインファビラス 牝6 14番人気 
    7点 
    ハイペースの後ろ目インで伸びず。東京の高速馬場は合わず、ある程度時計が掛かる中山の内枠向き。

  • 16着 ツーエムマイスター 牡7 13番人気 
    4点 
    押して押してハイペースのハナで失速。

  • 17着 ウインストラグル 牡5 17番人気 
    6点 
    押したが行けずハイペースの好位インで徐々に後退。重の1200mの逃げならかなり強いが、それ以外の状況だと脆い。

  • 18着 トゥザクラウン 牡5 1番人気 
    2点 
    かなり掛かってハイペースの2番手で失速。中1週の輸送が響いた可能性が高いが、ブリンカーを着けると不安定感が増す。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com