山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ファンタジーS2019【結果・回顧・敗因分析】レシステンシア

第24回KBS京都賞ファンタジーステークス
2019年11月2日 京都11R
芝1400m・外

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):6(やや高速馬場)

位置取り:前不利、後方有利

コース取り:内外の差はない

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 レシステンシア 牝2 5点 押さずにハイペースの2番手からよく伸びた。2戦目としてはかなり強い内容で、少なくとも1400mでこのメンバーの中では能力が抜けていた。スローペースの切れ勝負をまだ経験していないので1600mで緩い流れになるとパフォーマンスを下げる可能性があるが、潜在能力はかなり高そう。
  • 2着 マジックキャッスル 牝2 7点 ハイペースの中団馬群からよく伸びた。距離の融通が利くし、安定感がある。
  • 3着 クリアサウンド 牝2 6点 ハイペースの好位外目で壁を作って折り合いよく伸びた。まだベスト条件は分からないが、折り合い的には1400mが安全か。
  • 4着 ヤマカツマーメイド 牝2 6点 ハイペースの好位内目でそれなりに踏ん張る。
  • 5着 ヒルノマリブ 牝2 7点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方外でそれなりに伸びた。1400mは問題ないが、初の当日輸送だったし、小回りやタフ馬場の方が良さそう。
  • 6着 ケープコッド 牝2 7点 ハイペースの中団馬群から内を突いて伸びきれず。1400mで控えて折り合いがついたのは収穫だが、小回り1200mの方が良さそう。
  • 7着 ペコリーノロマーノ 牝2 6点 ハイペースの好位馬群でなだれ込み。久々で初の関西遠征や馬群に入る形だったので及第点と言える内容。
  • 8着 シャレード 牝2 6点 押してハイペースの中団インでやや掛かって伸びきれず。持っている能力を出すにはもう少し時間が必要(騎手談)
  • 9着 ベッラヴォルタ 牝2 7点 1馬身出遅れ、ハイペースの殿外で伸びず。タフ馬場や1600m以上の方が良さそう。
  • 10着 パドゥヴァルス 牝2 7点 ハイペースの中団外で伸びず。小回りや1200mの方がいいか。
  • 11着 ラヴォアドゥース 牝2 6点 ハイペースの後方馬群で伸びず、あまり追わず2点分減点。1400mは忙しいか。
  • 12着 エールヴィオレ 牝2 8点 ハイペースの後方インから馬群で伸びず。
  • 13着 モズアーントモー 牝2 5点 ハイペースの3番手で失速。1200mや重馬場の方が良さそう。
  • 14着 レジェーロ 牝2 3点 ハイペースの先行外で失速してあまり追わず2点分減点。久々が響いたか。
  • 15着 エレナアヴァンティ 牝2 4点 押して内からハイペースのハナで失速。小回り1200mがベストだろう。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com