山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

カシオペアS2019【結果・回顧・敗因分析】テリトーリアル

カシオペアS(L)
2019年10月27日 京都11R
芝1800m・外 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):3(タフ馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:内不利

 

出走馬の回顧点数・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 テリトーリアル 牡5 7点 中団外からよく伸びた。前走高速馬場にも対応したがタフ馬場がベストで、どんな競馬も出来るので安定感がある。
  • 2着 ベステンダンク 牡7 7点 好位外からよく伸びた。揉まれ弱いので広いコースの外枠は合うし、内荒れのタフ馬場で持続勝負という状況もマッチした。
  • 3着 ソーグリッタリング 牡5 5点 中団馬群でかなり掛かっていたがよく伸びた。1600mからの距離延長で久々だったことを考えれば内容は悪くない。
  • 4着 デンコウアンジュ 牝6 7点 後方外からよく伸びた。タフ馬場の1800mはベストで、右回りでも安定感が増している。
  • 5着 サーブルオール 牡6 4点 後ろ目インで直線内から伸びた。内荒れ3点分減点。外枠ならもっとやれただろう。
  • 6着 キョウヘイ 牡5 5点 1馬身出遅れ、後方内目馬群で伸びきれず。内荒れ1点分減点。
  • 7着 カフェブリッツ 牡6 5点 先行インで粘れず。内荒れ2点分減点。
  • 8着 アメリカズカップ 牡5 3点 2馬身出遅れ、殿インでやや掛かり、直線大外に出して伸びきれず。内荒れ1点分減点。揉まれ弱さや折り合いに不安があって乗りにくく、少頭数外枠のハイペースがベストだろう。
  • 9着 ランスオブプラーナ 牡3 6点 3番手で直線ややスムースさを欠いた。かなり展開に恵まれて重賞を勝った馬なので、楽な単騎逃げじゃないとオープンでは厳しいだろう。
  • 10着 プロディガルサン 牡6 4点 後ろ目馬群でやや掛かり、直線内を突いて伸びず。内荒れ2点分減点。馬群に入れた方がいいタイプではあるが、内荒れ馬場でせっかくの外枠なのに内を突いた騎乗ミス。
  • 11着 シャイニービーム 牡7 4点 中団インで伸びず。内荒れ3点分減点。外枠ならもっとやれただろう。
  • 12着 マイネルフラップ 牡3 4点 1馬身出遅れ、後ろ目内目馬群で伸びず。内荒れ2点分減点。
  • 13着 ヴァルディゼール 牡3 7点 後ろ目外で伸びず。1800mというよりは久々が響いた感じ。
  • 14着 ジョルジュサンク 牡6 7点 後ろ目馬群で伸びず。
  • 15着 ランガディア 牡5 4点 好位インで失速。内荒れ3点分減点。久々だったし、関西遠征や右回りも合わない。
  • 16着 マサハヤドリーム セ7 5点 1馬身出遅れ、やや掛かって好位馬群で失速。久々が響いたこともあるかもしれないが、去勢してもレース振りに進境が見られない。
  • 17着 マイネルネーベル 牡7 4点 出ムチ連発で外からハナも、4角で交わされて失速。内荒れ3点分減点。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com