山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

エニフS2019【レース回顧・勝因敗因】

エニフステークス(L)
2019年9月7日 阪神11R
ダート1400m 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):5(標準馬場)

位置取り:前後の差はない

コース取り:やや内有利、やや外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 エアアルマス 牡4 5点 砂を被って行きっぷりが悪く、後方大外でかなりロスがあったが鋭く伸びた。能力上位で少頭数なので力でねじ伏せられたが、多頭数の内枠だと前に行けないと厳しそう。東京1600mの外枠が理想か。
  • 2着 ヴァニラアイス 牝3 8点 押して中団インでロスなく運んで伸びた。久々が響いたか。直線で2回やめようとした(騎手談)
  • 3着 ラインシュナイダー 牡7 7点 押して2番手で踏ん張る。折り合いが難しい馬だが、折り合ってスンナリ運べたことで好走出来た。
  • 4着 ダノンフェイス 牡6 8点 後方馬群からよく伸びた。芝スタートがイマイチなので東京1400mならもっとやれるだろう。
  • 5着 シュウジ 牡6 8点 押さずに外からハナで踏ん張る。ダートの1200mがベスト。
  • 6着 エポック 牡6 7点 押して後ろ目馬群から伸びきれず。1400mよりは1700mの方が合う。
  • 7着 プレスティージオ 牡6 7点 出ムチ連発で好位インにつけ、4角で外へ出したが伸びず。もっと軽い馬場向きだし、今は1700m~1800mで揉まれず先行する形の方が良さそう。
  • 8着 ドンフォルティス 牡4 8点 殿インでロスなく運んで伸びず。ブリンカーを着けたが進境が見られなかった。
  • 9着 ブルミラコロ 牡7 6点 中団外でロスがあり伸びず。ここ2戦の内容が物足りず、衰えた可能性がある。
  • 10着 タガノディグオ 牡5 5点 やや掛かって好位馬群で伸びず。1400mは忙しく、距離延長で単騎逃げの形なら巻き返しは可能。
  • 11着 スーサンジョイ 牡7 5点 中団馬群で伸びず、あまり追わず2点分減点。久々が響いた。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com