山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

札幌2歳S2019【レース回顧・勝因敗因】

第54回札幌2歳S・G3
2019年8月31日 札幌11R
芝1800m 稍重

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):1(超タフ馬場)

位置取り:前不利、後方有利

コース取り:内外の差はない

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ブラックホール 牡2 8点 ハイペースの後ろ目外からよく伸びた。高速馬場だった前走から大幅にパフォーマンスを上げたので、タフ馬場のハイペースが合う。
  • 2着 サトノゴールド 牡2 6点 2馬身出遅れ、ハイペースの後方外からよく伸びた。タフ馬場のハイペースや少頭数が良さそうだし、高速馬場やスローペースの多頭数などで器用さが要求されるような状況は合わなそう。
  • 3着 ダーリントンホール 牡2 3点 1馬身出遅れ、ハイペースの好位インでやや掛かり、4角で前が下がってきて後退不利2点分あったが直線良く伸びて盛り返した。力負けではなく、内枠が仇となった。
  • 4着 レザネフォール 牡2 8点 ハイペースの後ろ目馬群から伸びた。高速馬場のスローペースだった前走から大幅にパフォーマンスを上げたので、タフ馬場のハイペースが合う。
  • 5着 ヨハネスボーイ 牡2 4点 ハイペースの好位馬群でかなり掛かり、4角で外へ出して踏ん張る。タフ馬場のハイペースが良さそうで、1800mもこなせた。
  • 6着 ゴルコンダ 牡2 5点 1馬身出遅れ、ハイペースの中団外から徐々に進出して伸びきれず。キャリア3戦のうち唯一良馬場だった前走のパフォーマンスが高いので重馬場が合わない可能性が高い。スタートでトモの蹄鉄がずれた(騎手談)
  • 7着 コンドゥクシオン 牡2 5点 ハイペースの中団インから馬群を突いて、直線2点分スムースさを欠いた。
  • 8着 ディアセオリー 牡2 4点 1馬身出遅れ、ハイペースの好位外から4角先頭の強気の競馬で失速。
  • 9着 カップッチョ 牡2 4点 やや掛かってハイペースの3番手で失速。
  • 10着 コスモインペリウム 牡2 4点 押して内からハイペースのハナ、4角で交わされる厳しい展開で失速。
  • 11着 エイリアス 牡2 8点 ハイペースの後方インから直線外でサッパリ伸びず。タフ馬場ハイペースの1800mに対応出来ず。
  • 12着 アールクインダム 牝2 3点 外からやや掛かってハイペースの2番手で失速。気が入り過ぎてた(騎手談)

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com