山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

キーンランドカップ2019【レース回顧・勝因敗因】

第14回キーンランドカップ・G3
2019年8月25日 札幌11R
芝1200m 稍重

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):2(超タフ馬場)

位置取り:前不利、後方有利

コース取り:やや外不利

 

回顧・全馬解説

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ダノンスマッシュ 牡4 5点 ハイペースの中団外でロスがあったがよく伸びた。器用さがあるので内枠の方がいい。
  • 2着 タワーオブロンドン 牡4 8点 ハイペースの後方馬群からよく伸びた。1200mでも今回のように時計や上がりが掛れば合うが、高速馬場でスローペースのや外枠になるとあまり合わないだろう。
  • 3着 リナーテ 牝5 6点 ハイペースの後ろ目外からよく伸びた。1200mなら今回のように時計や上がりが掛かる状況がベストで、高速馬場だとやや忙しいだろう。
  • 4着 ライトオンキュー 牡4 7点 ハイペースの後方外でロスあったがよく伸びた。まだ良くなる余地はありそう。
  • 5着 ナックビーナス 牝6 4点 押して競り合ってハイペース併走ハナでよく踏ん張る。逃げにこだわる馬ではないし、ライオンボスが逃げようとするのは分かっていたはずで、2番手かインの3番手につけて先行有利の状況が発生していたら上位に来た可能性が高く、自ら厳しい状況を構築した騎手のミスで内容は強い。
  • 6着 セイウンコウセイ 牡6 5点 ハイペースの先行で揉まれず運んでなだれ込み。道悪になったのは良かったが展開不向きで、左回りの方が合う。
  • 7着 ペイシャフェリシタ 牝6 6点 ハイペースの中団インから徐々に進出して伸びきれず。
  • 8着 デアレガーロ 牝5 6点 1馬身出遅れ、ハイペースの後ろ目インで伸びきれず。出遅れがつきまとうので、広いコースの1400mが一番安定するだろう。
  • 9着 パラダイスガーデン 牝7 9点 ハイペースの殿インから馬群を突いてあまり伸びず。得意条件が揃ったので力負けだろう。
  • 10着 ハッピーアワー 牡3 5点 2馬身出遅れ、ハイペースの後方から外でロスがありあまり伸びず。久々が響いた感じだし、ほぼ毎回出遅れるので小回り1200mだと忙しく、広いコースの1400m~1600mの方が良さそう。
  • 11着 ライオンボス 牡4 4点 押して競り合ってハイペースの併走2番手、4角で自ら外に膨れて失速。単騎逃げや千直の方がいい。
  • 12着 カイザーメランジェ 牡4 6点 ハイペースの中団馬群で伸びず。揉まれない方が良さそう。
  • 13着 シュウジ 牡6 7点 行く気なくハイペースの後ろ目馬群で伸びず。ダートの方がいい。
  • 14着 ダイメイフジ 牡5 5点 ハイペースの好位外でロスありが失速。使い込んでいる疲れが出たか。
  • 15着 サフランハート 牡6 7点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方インでサッパリ伸びず。
  • 16着 アスターペガサス 牡3 7点 後ろ目馬群で徐々に後退。敗因がよく分からない。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com