山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

関屋記念2019【回顧・全馬解説】

第54回関屋記念・G3
2019年8月11日 新潟11R
芝1600・外 良

 

★予想評価1位のソーグリッタリングが4番人気で3着となりました。

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):7(高速馬場)

位置取り:前不利

コース取り:内外の差はない

 

レース回顧・勝因敗因

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 ミッキーグローリー 牡6 7点 後方馬群から外に出してよく伸びた。長く脚を使うタイプなので直線が長いコースの外枠という条件は合う。能力は高いが器用さがないので、2018年のマイルCSのような内有利の状況は合わない。
  • 2着 ミエノサクシード 牝6 7点 押して中団外から伸びた。スタートが決まってある程度前に行けたことで高速馬場にも対応出来たが、時計や上がりが掛かる状況ならさらに良い。
  • 3着 ソーグリッタリング 牡5 6点 ハイペースの好位でよく踏ん張る。前不利の展開だったので内容は良かったし、安定感があり崩れにくい。
  • 4着 ディメンシオン 牝5 7点 後ろ目馬群から外でよく伸びた。今回が生涯ベストのパフォーマンスだし、まだ良くなる余地がありそう。
  • 5着 サラキア 牝4 7点 中団外目から伸びた。スタートが安定してきたのは収穫だし、1600mよりは1800mの方が得意だろう。
  • 6着 ロードクエスト 牡6 7点 殿から外で鋭く伸びた。前2走は本調子にない感じだったが、良化していた。
  • 7着 エントシャイデン 牡4 7点 中団馬群で伸びきれず。今回はスタートも決まったし力負けの形なので、1400mベストの可能性が高い。
  • 8着 リライアブルエース 牡6 6点 後方インで直線ややスムースさを欠いたがそれなりに伸びた。
  • 9着 ロシュフォール 牡4 7点 後ろ目インから馬群を伸びきれず。高速馬場の1600mは忙しく、広いコースの2000m前後の方がいい。
  • 10着 オールフォーラヴ 牝4 6点 ハイペースの好位インで粘れず。前2走は展開が向いての好走だったし、タフ馬場や坂の方が得意なので新潟1600mも合わない。
  • 11着 ハーレムライン 牝4 6点 ハイペースの好位外で粘れず。立ち回りが上手いタイプなので、内枠の方がいい。
  • 12着 フローレスマジック 牝5 7点 後方馬群で伸びず。1600mより1800m~2000mの方が合う。
  • 13着 トミケンキルカス 牡7 4点 外からハイペースの2番手で直線ややスムースさを欠いて粘れず。1400mで逃げるのがベスト。
  • 14着 ケイデンスコール 牡3 7点 後ろ目外で伸びず。物足りない内容で、敗因がよく分からない。
  • 15着 サンマルティン セ7 7点 下げて後方で折り合いに専念することで何とか折り合ってたが伸びず。1600mは合わず、2000m前後の内枠向き。
  • 16着 ヤングマンパワー 牡7 7点 中団インで伸びず。
  • 17着 マイネルアウラート 牡8 3点 内から押してハイペースの大逃げで失速。
  • 取消 ファストアプローチ セ4

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら 

www.yamaguchi-yoshino.com