山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

宝塚記念2019【回顧・全馬解説】

第60回宝塚記念・G1
2019年6月23日 阪神11R
芝2200m・内 良

 

★予想評価1位のキセキが1番人気で2着となりました。

5位→1位→3位

馬連 970円
ワイド 630円
3連複 2,720円

www.yamaguchi-yoshino.com

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):5(標準馬場)

位置取り:前有利、後方不利

コース取り:やや内有利、多少外不利

 

レース回顧

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 リスグラシュー 牝5 8点 外からスローペースの2番手で鋭く伸びた。スタートが上達して成長したこともあるが、おそらく2200m~2500mのハイペースや持続勝負がベストで、今までは合わない条件を使われていたことで本領が発揮されていなかった。
  • 2着 キセキ 牡5 8点 押して押して内からスローペースのハナで踏ん張る。自分の競馬は出来たが、使い込んだ方が良さそうだし、ベストは2400m以上だろう。
  • 3着 スワーヴリチャード 牡5 6点 押してスローペースの好位外で壁が作れずやや掛かったが伸びた。本来は内で壁を作りたいタイプだが、地力勝負向きなので掛かることを恐れず前に行った騎手の判断が良かった。
  • 4着 アルアイン 牡5 8点 好位インでロスなく運んでそれなりに踏ん張る。底を見せており力負けだが、堅実なので今後も他馬が凡走すれば上位に浮上出来る。
  • 5着 レイデオロ 牡5 7点 スローペースの中団インでロスなく運んで伸びきれず。久々で完調でもなさそうだったし、内回りより広いコース向き。
  • 6着 ノーブルマーズ 牡6 5点 かなり押してスローペースの後ろ目から4角外でロスがあり伸びきれず。本質的には2400m~2500mの方が良く、2200mだともっと時計掛かるか重馬場などの状況が理想。
  • 7着 スティッフェリオ 牡5 7点 スローペースの好位馬群にいたが3角手前でついていけず後退して伸びず。2200mはやや長いか。
  • 8着 クリンチャー 牡5 7点 押して中団外目で伸びず。2200mは忙しく、重馬場でかなり時計が掛かる状況が理想。
  • 9着 エタリオウ 牡4 5点 スローペースの後方外で徐々に進出して伸びず。なし崩しに脚を使わされた感じで、内回りや距離短縮より広いコースの距離延長で末脚に賭ける形の方が良さそう。
  • 10着 ショウナンバッハ 牡8 5点 スローペースの後方馬群で伸びず。2000m~2200mがベストだろうが、左回りの方が得意。
  • 11着 マカヒキ 牡6 3点 スローペースの殿から馬群を突いてややスムースさを欠いた。行き脚がなく、相当時計が掛からないと厳しくなっている。
  • 12着 タツゴウゲキ 牡7 6点 スローペースの後ろ目インでロスなく運んであまり追わず1点分減点。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

www.yamaguchi-yoshino.com