山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

エプソムカップ2019【予想・全馬解説】

第36回エプソムカップ・G3
2019年6月9日 東京11R
芝1800m

 

予想順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 4 ソーグリッタリング 17.1%
2位 7 プロディガルサン 13.0%
3位 8 ミッキースワロー 13.0%
4位 13 アンノートル 9.8%
5位 14 ダノンキングダム 7.4%
6位 9 レイエンダ 7.4%
7位 5 アップクォーク 6.5%
8位 12 ブレスジャーニー 6.5%
9位 11 カラビナ 5.6%
10位 6 サラキア 4.9%
11位 2 ハクサンルドルフ 4.3%
12位 3 ストーンウェア 2.8%
13位 1 ショウナンバッハ 1.8%
取消 10 ソウルスターリング

 

予想コメント

  1. ショウナンバッハ 牡8 前走メイSはブリンカーを外したのが良かったのかスローペースを追い込む今までにない内容を見せたが、今回も同条件で相手が強くなっているのでハイペースで恵まれないと厳しそう。
  2. ハクサンルドルフ 牡6 前走の欅Sはダートも1400mも合わず度外視でいい。東京1800mはベストだが、雨が大量に降ってハイペースが理想でそこまでの好条件は望みづらい。
  3. ストーンウェア 牡7 左回りの1800mは合うが、底を見せているので他馬の凡走待ち。
  4. ソーグリッタリング 牡5 折り合いやソラを使う気性が課題だったが、近2走を見るとそのリスクが軽減して強くなっている。前に行けることと雨を苦にしない点もプラス。
  5. アップクォーク 牡6 前走六甲Sは直線スムースさを欠いたし、1600mもやや忙しかった。スタートは課題だが、東京1800mはベストでパフォーマンスの上昇が見込める。
  6. サラキア 牝4 東京1800mで切れ勝負になりそうなのは良いが、スタートが不安定だし、乗り替わりもいいことはないだろう。
  7. プロディガルサン 牡6 前走谷川岳Sは外枠だったので壁を作るために最後方まで下げざるを得なかったが、もっと行かせて馬群で折り合わせることが出来ればパフォーマンスの上昇が見込める。
  8. ミッキースワロー 牡5 能力上位だし叩いた良化も見込めるが、前に行けないのと距離短縮はマイナス。
  9. レイエンダ 牡4 叩いて良化し、近2走は大外枠の不利もあったのでパフォーマンスの上昇が見込める。高速馬場の1800mは忙しいので雨が沢山降った方が良いだろう。
  10. ソウルスターリング 牝5 取消し
  11. カラビナ 牡6 高速馬場の1800mに対応した前走メイSは好内容で、雨が降ればさらにパフォーマンスの上昇が見込める。
  12. ブレスジャーニー 牡5 出遅れて後方からになり展開不向きというパターンが多いが、偶数の外枠なのでスタートが決まる可能性はあるし、雨で少しでも時計や上がりが掛かれば。
  13. アンノートル 牡5 底を見せておらず、1600mより1800mの方が合う可能性が高い。雨が降ればさらに良く、ある程度前に行ければ外枠のロスも軽減され、前走以上のパフォーマンスを見込める。
  14. ダノンキングダム 牡5 1800mより2000mの方が得意なので距離短縮はマイナスだが、ある程度雨が降って時計が掛かり、淀みない流れを自分で構築出来れば。

 

参考レースの回顧はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com