山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

鳴尾記念2019【予想・全馬解説】

第72回鳴尾記念・G3
2019年6月1日 阪神11R
芝2000m・内

 

評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 7 メールドグラース 29.5%
2位 6 ステイフーリッシュ 16.9%
3位 4 タニノフランケル 11.1%
4位 3 ギベオン 11.1%
5位 9 ブラックスピネル 9.7%
6位 2 サンデーウィザード 6.4%
7位 8 ブラックバゴ 5.6%
8位 1 プラチナムバレット 4.8%
9位 5 ノーブルマーズ 4.8%

 

予想コメント

  1. プラチナムバレット 牡5 好位のインが取れそうだし、2000mへの距離延長も良い。
  2. サンデーウィザード 牡7 前走の新潟大賞典は壁が作れずかなり掛かったし、2走ボケもあり得る。今回は壁が作れそうな枠なので、巻き返しは可能だろう。
  3. ギベオン 牡4 前走のダービー卿はハイペースの1600mで折り合えたが、今回は2000への延長で掛かる可能性がある。
  4. タニノフランケル 牡4 楽なペースの逃げがベストの馬で、ブラックスピネルが抑えてくれればその形に持ち込めそう。
  5. ノーブルマーズ 牡6 高速馬場の2000mは忙しいし、ハイペース向きなのでスローペースになりそうなのもマイナス。
  6. ステイフーリッシュ 牡4 近5走が全て馬番10番以上の外目の枠でロスがあったり不本意な競馬が続いているので、今回は生涯ベストのパフォーマンスを見込める。
  7. メールドグラース 牡4 ハイペースの2200m以上が理想だが、前走の新潟大賞典で切れ勝負にも対応しているので、相当の高速馬場で超スローペースにならなければ崩れにくい。
  8. ブラックバゴ 牡7 タフ馬場の方がいいし、出遅れる可能性が高く折り合いも難しいのでハイペースにならないと厳しい。
  9. ブラックスピネル 牡6 逃げが理想だが、ブリンカーを着けてから安定感が増しているので仮に逃げられなくても近走と同程度のパフォーマンスが見込める。

 

参考レースの回顧はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 

www.yamaguchi-yoshino.com