山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

ロードカナロア産駒の傾向を分析

ロードカナロア産駒の特徴と傾向は?

種牡馬ロードカナロアは初年度から歴史的名牝アーモンドアイとマイルCSを制したステルヴィオを輩出しました。2世代目産駒のサートゥルナーリアがホープフルSと皐月賞を勝利しました。
今回は活躍が目覚ましいロードカナロア産駒を分析してみたいと思います。

集計期間:2017年6月14日~2019年5月19日

 

ロードカナロア産駒の距離適性は?

ロードカナロア産駒の距離別成績を調べてみました。

距離 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
1000m~1300m 467 13.3% 34.3% 105% 97%
1400m~1600m 741 14.2% 33.5% 85% 74%
1700m~2000m 395 7.3% 26.6% 30% 59%
2100m~2400m 24 12.5% 25.0% 37% 50%
2500m~ 3 0.0% 33.3% 0% 106%

1000m~1600mを得意としていることがわかります。
1700m以上になると勝率、複勝率、回収率が低下しています。

 

距離延長と距離短縮では?

ロードカナロア産駒の距離変動別成績を調べてみました。

距離 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
同距離 597 11.9% 35.3% 69% 86%
今回延長 385 10.1% 25.5% 67% 67%
今回短縮 331 13.6% 33.8% 109% 87%

ロードカナロア産駒は前走からの距離短縮時の勝率が最も高く回収率も高いです。

 

芝とダートはどっちが得意か?

ロードカナロア産駒の芝・ダート別成績を調べてみました。

馬場 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
1,128 13.5% 32.9% 74% 70%
ダート 502 9.4% 29.7% 83% 91%

勝率・複勝率は芝の方が高く、回収率はダートの方が高くなっています。

 

ロードカナロア産駒の重馬場適性は?

ロードカナロア産駒の馬場状態別成績を調べてみました。

馬場状態 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
芝・ 良 926 12.9% 32.9% 70% 71%
芝・稍重 152 18.4% 33.6% 109% 73%
芝・ 重 45 8.9% 28.9% 26% 47%
芝・不良 5 20.0% 40.0% 38% 48%
ダ・ 良 301 9.0% 30.6% 87% 108%
ダ・稍重 117 11.1% 28.2% 100% 66%
ダ・ 重 44 9.1% 27.3% 62% 51%
ダ・不良 40 7.5% 30.0% 27% 75%

芝は良馬場より稍重馬場の方が勝率・複勝率・回収率が良くなっています。
ダートは馬場状態による勝率・複勝率の差はほとんどありません。
芝・ダートどちらも重馬場以上の道悪はサンプル数が少ないですが回収率は悪いです。

 

ロードカナロア産駒の成長型は?

ロードカナロア産駒の年齢別成績を調べてみました。

年齢 頭数 勝率 複勝率 単回率 複回率
2歳 430 17.9% 39.5% 83% 77%
3歳 1,019 10.1% 28.1% 74% 76%
4歳 181 10.5% 35.4% 75% 79%

ロードカナロア自身は晩成でしたがロードカナロア産駒は2歳戦の成績が良くなっています。

 

まとめ

  • 1000m~1600mが得意
  • 前走からの距離短縮が得意
  • 勝率・複勝率は芝が高いが、回収率はダートが高い
  • 芝の稍重馬場は苦にしない
  • 2歳戦から活躍

     

    パーフェクト種牡馬辞典2019-2020 (競馬主義別冊)

    パーフェクト種牡馬辞典2019-2020 (競馬主義別冊)

     

     

     

    種牡馬最強データ'19~'20

    種牡馬最強データ'19~'20