山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

NHKマイルカップ2019【回顧・全馬解説】

第24回NHKマイルカップ・G1
2019年5月5日 東京11R
芝1600m 良馬場

 

★予想評価1位のアドマイヤマーズが2番人気で1着となりました。

 

www.yamaguchi-yoshino.com

 

 レース傾向・トラックバイアス

位置取り:ハイペースで差し有利

コース取り:内外の差はほとんどない

 

レース回顧

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  • 1着 アドマイヤマーズ 牡3 4点 1馬身出遅れ、ハイペースの中団大外でロスあり、直線接触の不利が1点分あったがよく伸びた。距離短縮で壁がなくても折り合えたし、もし内枠で出遅れたら不本意な競馬になって負けていた可能性もある。2000mもこなせるが、折り合い的にハイペースの1600m~1800mの外枠がベストだろう。
  • 2着 ケイデンスコール 牡3 8点 ハイペースの後ろ目外からよく伸びた。叩いて良化し、左回り1600mもベストか。
  • 3着 カテドラル 牡3 8点 ハイペースの後ろ目内目馬群からよく伸びた。能力自体は高く、関東遠征をこなせたのは収穫。乗りやすく1600m~1800mが合う(騎手談)
  • 4位降着5着 グランアレグリア 牝3 3点 ハイペースの好位馬群でかなり掛かり、直線接触のロスが1点分あったが伸びた。気分良く走れば強いが、揉まれ弱さと折り合いに課題が残る。
  • 4着 ダノンチェイサー 牡3 5点 ハイペースの中団馬群で直線接触の不利が2点分あったが伸びた。
  • 6着 ヴァルディゼール 牡3 6点 やや掛かってハイペースの中団馬群から4角で後退し、直線で盛り返した。エンジンの掛かりが遅いので少頭数の方が良さそう。
  • 7着 ハッピーアワー 牡3 7点 1馬身出遅れ、ハイペースの後方から外で伸びた。1400mがベストだろうが1600mにも対応は出来た。
  • 8着 トオヤリトセイト 牡3 6点 ハイペースの中団好位外から正攻法でそれなりに踏ん張る。
  • 9着 ワイドファラオ 牡3 6点 ハイペースの好位で揉まれず運んでそれなりに踏ん張る。逃げなくても問題ない。
  • 10着 グルーヴィット 牡3 4点 ハイペースの中団馬群で直線3点分スムースさを欠いた。捌けていれば上位に来ただろう。1600mは大丈夫(騎手談)
  • 11着 マイネルフラップ 牡3 7点 ハイペースの後ろ目から中団インであまり伸びず。コーナーで右に張っていたので右回りの方がいいだろうし、もっと時計が掛かる馬場の方が合う。
  • 12着 プールヴィル 牝3 5点 ハイペースの先行で粘れず。
  • 13着 ファンタジスト 牡3 5点 やや掛かってハイペースの中団外で伸びず、最後追わず1点分減点。皐月賞がピークだった(騎手談)
  • 14着 クリノガウディー 牡3 2点 やや掛かってハイペースの先行インで伸びず、最後追わず2点分減点。1400mの方がいいか。
  • 15着 ヴィッテルスバッハ 牡3 8点 ハイペースの後方インで伸びず。スローペースの切れ勝負向きか。
  • 16着 イベリス 牝3 4点 押して内からハイペースのハナで失速。
  • 17着 ミッキーブラック 牡3 8点 ハイペースの殿インから外で伸びず。高速馬場の1600mではスピード不足。
  • 18着 ロードグラディオ 牡3 5点 ハイペースの後方馬群でやや掛かってあまり追わず2点分減点。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com