山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

青葉賞2019【予想・全馬解説】

第26回テレビ東京杯青葉賞・G2
2019年4月27日 東京11R
芝2400m

 

評価順位・推定勝率

評価 馬番 馬名 推定勝率
1位 1 アドマイヤスコール 18.8%
2位 3 ランフォザローゼス 14.2%
2位 6 ウーリリ 14.2%
4位 7 トーセンカンビーナ 9.4%
5位 2 リオンリオン 8.2%
5位 5 ピースワンパラディ 8.2%
7位 11 カウディーリョ 5.4%
7位 15 キタサンバルカン 5.4%
9位 9 タイセイモナーク 4.7%
10位 16 サトノラディウス 3.5%
11位 13 マコトジュズマル 2.0%
12位 10 ディバインフォース 1.8%
12位 14 バラックパリンカ 1.8%
14位 4 セントウル 1.2%
15位 12 アルママ 0.8%
16位 8 ピンシェル 0.7%

 

 予想コメント

  1. アドマイヤスコール 牡3 前走距離延長でパフォーマンスを上げ、本気で走っていなかったので更に上積みが見込める。内枠はプラス。
  2. リオンリオン 牡3 前走は展開が向いて逃げ切り。距離延長は問題ないし広いコースは合うが、それほど上積みは見込めない。内枠はプラス。
  3. ランフォザローゼス 牡3 距離延長、中山から東京に替わるのも好材料。内枠はプラス。
  4. セントウル 牡3 前走はやや掛かっていたので距離延長はやや不安。内枠はプラス。
  5. ピースワンパラディ 牡3 前走の内容は強く2400m自体はこなせそうだが、1600mしか経験がないのはマイナス。
  6. ウーリリ 牡3 2400mは問題なさそうだが1800mしか経験がないのはマイナス。
  7. トーセンカンビーナ 牡3 大体出遅れて脚を余しているので距離延長は歓迎。多頭数がマイナス。
  8. ピンシェル 牡3 前走2400mからの臨戦は良い。
  9. タイセイモナーク 牡3 前走距離延長でパフォーマンスを上げたので2400mは合うが、子供っぽい面があるので多頭数マイナス。
  10. ディバインフォース 牡3 2400mからの臨戦は良い。
  11. カウディーリョ 牡3 距離延長は問題ない。前走は相手が弱い。
  12. アルママ 牡3 前走は枠や展開が良かった。若さが残るので距離延長もやや不安。
  13. マコトジュズマル 牡3 近走は安定しているが展開が向いて負けているので、現状では底を見せている。他馬の凡走待ち。
  14. バラックパリンカ 牡3 左回りに替わるのは良い。外枠はマイナス。
  15. キタサンバルカン 牡3 条件は合う。外枠はマイナス。
  16. サトノラディウス 牡3 距離延長は合う。外枠はマイナス。