山口吉野の競馬

2015年~2018年の回収率は115.4%です。(ウマニティで確認できます)過去のレース内容を分析し、独自の指数で馬の能力を数値化。能力・適性・展開・調子を総合的に判断した予想をしています。

阪神牝馬S2019【回顧・全馬解説】

第62回サンケイスポーツ杯阪神牝馬S・G2
2019年4月6日 阪神11R
芝1600m・外 良

 

レース傾向・トラックバイアス

馬場レベル(1~9):7(高速馬場)

位置取り:スローペースで前有利の切れ勝負

コース取り:内外の差はない

 

レース回顧

●展開が向いた馬ほど点数が高く、出遅れと折り合いを欠いた場合に減点(10点満点)

  •  1着 ミッキーチャーム 牝4 7点 やや掛かってスローペースの3番手から伸びた。ベストは逃げで切れ勝負向きではないので収穫あり、輸送が課題。
  • 2着 アマルフィコースト 牝4 8点 外からスローペースの2番手で踏ん張る。1400mがベストで1200mと1600mは同じくらいか。
  • 3着 ミエノサクシード 牝6 6点 1馬身の出遅れ、押してスローペースの好位外で伸びた。阪神得意。
  • 4着 ダイアナヘイロー 牝6 9点 楽にスローペースの単騎逃げで踏ん張る。1600mにも対応したが、内回り1400m向きだろう。
  • 5着 クロコスミア 牝6 6点 スローペースの好位インで直線ややスムースさを欠いた。
  • 6着 カンタービレ 牝4 6点 スローペースの好位馬群で直線ややスムースさを欠いた。
  • 7着 レッドオルガ 牝5 4点 1馬身の出遅れ、押してスローペースの後ろ目外から伸びた。右回りはコーナリングがぎこちない(騎手)ハイペースが理想。
  • 8着 ラッキーライラック 牝4 5点 スローペースの中団馬群、3角で狭くなる不利1点分あり、直線外に出して内にモタレながら伸びた。小回り持続勝負の方が得意なので悪くないが、モタレたのは気になる。
  • 9着 サトノワルキューレ 牝4 4点 1馬身の出遅れ、スローペースの後方インでよく伸びた。1600mのスローペースにも対応出来たし、内容は強い。
  • 10着 サラキア 牝4 5点 1馬身の出遅れ、スローペースの中団インから馬群で伸びきれず。
  • 11着 リバティハイツ 牝4 6点 スローペースの中団外で伸びきれず。高速のスローペースよりハイペースやタフ馬場向き。
  • 12着 ベルーガ 牝4 4点 1馬身の出遅れ、スローペースの後方外で伸びきれず。
  • 13着 メイショウオワラ 牝5 3点 1馬身の出遅れ、スローペースの後ろ目馬群でごちゃついて後退不利1点分あり、あまり伸びず。もっと時計や上がりが掛かる方がいい。
  • 14着 ワントゥワン 牝6 3点 1馬身の出遅れ、スロー後ろ目馬群で直線ややスムースさを欠いた。

 

回顧点数の詳しい説明・活用方法はこちら

 

www.yamaguchi-yoshino.com